IMG_68801.JPG

◇平成26年度関西学生秋季リーグ戦◇9月20・21日◇マリンテニスパーク・北村◇

 初日を全勝で終え、迎えた2日目。1部昇格のためには何としても勝たなければならない戦いが続く。

2日目初戦の相手は大商大。1番手に出場した小西・浜名組は勝利を逃す。2番手の浅井・三宅組は共に攻めのプレーを見せるが、ミスが続いてしまう。相手前衛にボレーを決められる場面も多く、あと一歩のところで敗北。3番手の玉井は、相手のツイストに苦戦しながらも必死に食らいつき、際どいラインにストロークを決める。会場の歓声も後押しし、勝利。勢いに乗った関大だが、4番手が負けてしまい敗北が決定する。

関大は3勝1敗で迎えた2試合目。相手はここまで全勝の近畿大だ。1部に昇格するためには絶対に倒さなければいけない。1番手は島田・島津組。前試合がファイナルということもあり、疲れもあったのか、ミスが目立ち負けてしまう。しかし、雰囲気が悪くなることはなく、チーム全員で盛り上げる。仲間達の声援を受け、2番手の浅井・三宅組は相手のミスを誘い勝利。しかし、3番手の玉井、4番手の羽柿・妹尾組が負けてしまい、関大は3勝2敗で2部リーグ3位となった。

新体制で挑んだ今大会。「チームの技術的な課題はたくさん見つかったが、収穫も多かった。これからは、まとまりのあるチームにしたいきたい」(島田)。課題を克服し、春リーグで悲願の1部昇格を狙う。【乾 夏実】

▼島田主将
「目標は1部に昇格することだった。入替戦にも出ることが出来なかったので悔しい。大商大戦で負けてしまったので近畿大戦は、何としても勝たなければならなかった。しかし、自分が負けてしまい不甲斐ない。今大会でこれからのチームの雰囲気づくりが出来たと思うので、技術的な部分を鍛え直し、春リーグでは1部昇格を目指す」

このページの先頭へ