◇第63回朝日レガッタ1日目◇5月1~4日◇琵琶湖漕艇場◇

 全国のオアズマンたちが集う朝日レガッタが今日開幕した。先の市民レガッタでは3位に入賞した関大だが、今大会ではさらなる強豪との対決が待っている。迎えた予選。大府大との3着争いを制し、準決勝へと駒を進めた。

 出遅れたスタートではじまった1000mのレース。試合の主導権を握るために必要不可欠なスタートの技術がまだ未熟だった。なんとか前をいく艇にくらいつきたいところ。少し長めにとったスタートスパートが裏目に出てしまう。コンスタントでの失速を招き、序盤を5位で漕がされることとなった。しかし、中盤からのスタミナ、爆発力が自信の関大はあわてることなく機をうかがい、勝負の瞬間を待った。

 レースも後半に入った600m付近。COX中園からスパートの合図がかかった。4本のオールは力強くしなり、艇速を押し上げていく。滋賀大を抜いて4位に。残り200mとなり、ラストスパートをかける。準決勝へ進むにはあと1艇を抜き、3着にならなければならない。関大のひとつ前をいくのは市民レガッタで破れた大府大だった。最初のスパートをきっかけにスピードに乗っている関大。徐々に差を詰めラスト100mでついに大府大をとらえた。ひと漕ぎごとに順位が入れ替わる。ゴールラインを越えた瞬間もまだわからない。ほどなく開場アナウンスから関大の準決勝進出を告げる声。厳しい組み合わせを勝ち抜き、準決勝進出を決めた。

 レーンにも恵まれず、風の影響を大きく受けた。オールがばらつく中でも力強いドライブをきかせられた点は、準決勝での活躍を期待させる。さらに厳しい戦いになると予想されるが、どこまで関大の力漕を見せられるかに注目だ。

▼中園
「(オールが)4本そろってなかった。でも3着に入れたのはよかった。準決勝を勝ち上がるのは大変。(大府大に)リベンジできてよかった」

このページの先頭へ