◇第36回西日本学生体重別選手権大会◇8月28日◇堺市大浜公園相撲場◇

 学生相撲のメッカ・大浜で西日本学生体重別選手権大会が開催された。65キロ未満級で谷吉、中野、湯之前。75キロ未満級では八条、100キロ未満級は渡邊が出場した。

 まずは65キロ未満級。谷吉が初戦の相手・梨本(大阪大)を寄り切りで下す。続く中野は公式戦初出場。粘りを見せるものの、救い投げで負ける。湯之前も踏ん張るが、突き落としで敗戦。

 唯一、2回戦に駒を進めた谷吉。対するは関学大の宇良だ。善戦をみせるが、寄り切りで敗北。しかし、ベスト8の結果を残し、全日出場権を獲得した。谷吉は笑みを浮かべ、「(4回生で)最後なので、1回戦を勝ち上がりたい」。全国の壁を打ち破るべく、9月18日に靖国神社相撲場に足を運ぶ。

 75キロ未満級に出場した八条は龍谷大の川瀬に寄り切りで負ける。100キロ未満級の渡邊は棄権で初戦敗退となった。

▼谷吉
「1回戦は普通に勝てたけど、2回戦は難しかった。でも、2回戦で戦った相手が優勝しているので、張り合えてよかった。立ち会いの遅さ、スピードを磨けていないので、テクニックなど全日までに強化したい。最後なので、1回戦を勝ち上がりたい」

このページの先頭へ