IMG_2165%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

◇平成25年度秋季関西学生リーグ第一節対大樟大◇8月29日◇伏見港公園総合体育館◇

関大3-4大樟大

 春季リーグで2部に降格してしまった卓球部女子。今季の目標は「2部で上位に入ること」。悔しい思いをした春の雪辱を果たすべく、秋季初戦に臨んだ。

 第1シングルスは多鍋。序盤から優勢に攻めていき、1、2セット目ともに順調に勝ち取っていく。しかし3セット目後半に失速。「調子は悪くなかったが、弱気になった」(多鍋)。7連続ポイントを許し、セットを落としてしまう。4セット目も相手のサーブに苦しめられ、フルセットまで持ち込まれた。5セット目は14-14にまで長引く接戦に。しかし最後はスマッシュで打ち勝ちなんとか試合を制した。
 

勢いに乗りたい第2シングルス・松本だが、1セット目からミスが目立つ。3セット目で、途中追いつくも巻き返しを図れず、ストレートで敗北を喫した。
 

 第3シングルスは田頭。1セット目からサーブが光り、優勢のままセットを制す。2セット目を落とすも、3、4セットともにクロスへのスマッシュが数多く決まっていく。相手の隙を狙ったコース選びで勝利。関大に勢いを取り戻させた。

 ダブルスに登場したのは多鍋・安川ペア。1セット目は序盤の4失点が響き落としてしまう。しかし2セット目は相手のミスを誘うプレーを見せ11-5でセットを制した。3セット目を落とすも4セット目を制し、運命の第5セット。序盤、安川のバックスマッシュや多鍋の力強いスマッシュで5連続ポイントを奪う。このまま勢いに乗りたいところだったが、ミスも相次ぎデュースにまでもつれこんだ。ここで粘りを見せるも16-18で敗北。手痛い黒星を上げた。
 

 流れを変えたい第4シングルスは安川。ここで終始ペースを崩すことなく、ストレートで勝利する。ここで関大が1歩リード。あと1勝で勝利が決まる。
 しかし第5、6シングルスともに惜敗してしまう。結果、関大は3-4で逆転負けを喫した。


 初戦勝利とはならなかった卓球部女子。しかしリーグはまだ始まったばかりだ。勝利へ向け、次節に臨む。


▼多鍋主将
「みんな悪くなかった。向こうの1、2は倒せたので、勝負はダブルスだった。(大樟大は)しっかり入れてくるし、勝負所で攻めてくる相手。弱気になったらやられる。明日は自分の気持ちを切り替えて思い切ってやっていく。ダブルスがポイントになるので、しっかり1球ずつとっていきたい。(リーグを通し)ダブルスは全勝して、シングルは落とさないようにしていきたい」

このページの先頭へ