IMG_4262%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

◇平成25年度秋季関西学生リーグ第三節対佛教大◇9月3日◇岸和田市総合体育館◇

関大4-2佛教大

 前節で1年ぶりとなる勝利を手にした卓球部女子。気持ちを切らさず、見事2連勝した。

 第1シングルスは森田。第1セットは相手にリードを広げられる展開となる。しかし、中盤で打ち合いを制して同点に追いつくと、そのまま1セットを先制した。第2セット以降は相手のミスを誘う攻撃で終始リード。第3セットを11-4で制す快勝で「ストレートで勝ってくれて流れを作ってくれた」(多鍋主将)と話すようにチームに勢いを与えた。

 第2シングルスは期待の1回生、田頭。積極的に攻撃を仕掛けていく。相手は4回生であり、2部で実績もある選手だが、互角の戦いを見せる。惜しくも試合には敗れるが、11-4で第3セットを奪う粘りを見せた。「本当に期待の1回生。今日は相手が強かった。やる気があって、その練習の成果も出ている」(多鍋)と今後の活躍に期待だ。

 主将対決となった第3シングルス。多鍋は攻撃が上手く決まらず、第1セットを落とす。第2セットは両者譲らない戦いが続き、デュースへ持ち込む。左右に大きく振られながらも、激しい打ち合いを13-11で制した。第3セットを奪われ、第4セットも劣勢となるが、ここで諦めなかった多鍋。粘りを見せ、同点に追いつくリードを守ろうと守りに入った相手を攻めたて、このセットを奪うと、第5セットもリズムを崩して相手のミスを誘う。勢いの増す多鍋は9連続ポイントで相手を一気に突き放し、劇的逆転勝利を決めた。

 多鍋が安川と共に出場するダブルスは、第3シングルスの勢いそのままに第1セットを先取。しかし、徐々に相手もペースをつかみ、勝利の行方は最終セットにもつれ込む。「安川がしっかり打ってくれたおかげで勝てた」と多鍋。最後は多鍋のミスを補う安川の活躍で勝利を手にした。

 これでリーグ戦2連勝となった卓球部女子。開幕前は3部への降格も覚悟していたが、2部残留は決定的だ。2部で存在感を示し、1部復帰へ弾みをつけたい。

▼多鍋主将
「(今日の試合について)二重丸。第1シングルスの森田がストレートでしっかり勝ってくれて流れを作ってくれた。自分の相手はやりなれた相手で、互角の相手。オーダーを避けようと思ったが、相手も避けてきた結果また当たってしまった。最後は気持ちで、もっていった。連勝は凄く嬉しい。これで明日からまた頑張っていける。武庫女大戦から勢いがついてきているのでそのまま乗っていけたらと思う」

このページの先頭へ