140511w.jpg

◇平成26年度関西学生春季リーグ最終節対天理大◇5月11日◇近畿大学記念会館◇

春季リーグでここまで2勝を挙げている卓球部女子。目標である1部昇格は厳しい状況だが、1つでも多く勝ちを重ねたい。

第1シングルスは田頭。第1セットの序盤は順調に得点を奪いリードを広げる。しかし、終盤に失速。スマッシュがネットに引っかかるなどして失点を重ね、このセットを落とした。流れを失った田頭はこのままストレート負けを喫した。

140511tagashira.jpg


第2シングルスは南木。1回生ながら、チームの主戦力として奮闘する。効果的な速攻やサーブを変えるなどで勝利を手にし、ダブルスにも出場。同じく1回生の増田が第3シングルスを落として迎えたダブルス。ペアを組むのは安川だ。昨年まで安川がペアを組んでいた主将でエースの多鍋は卒業。「(南木とは)まだ息が合っていない」(安川)とストレート負けに終わった。

140511masuda.jpg


第4シングルスでは安川がフルセットの末、勝利を手にする。しかし、1回生の森が同じくフルセットの熱戦の末、惜しくもゲームを落として天理大に敗れた。

140511mori.jpg


2部残留に終わった関大。しかし、収穫も多くあったリーグだった。1回生の3人が結果を残し健闘。チームの核となる安川や田頭も昨年以上に頼れる存在となった。試合後、「秋で1部昇格できるよう頑張りたい」と話した森田主将。チーム一丸となって1部昇格を狙う。【浦野亮太】

▼森田主将
「(リーグを振り返り)1回生が3人出た。強い選手だが初めてのリーグで緊張もあった。その中で結果を残し頑張ってくれた。安川と田頭も力をつけてチームに勢いを与えてくれた。1部昇格いう目標は叶わなかった。秋で1部昇格できるよう頑張りたい」

▼安川
「(リーグを振り返り)2部もレベルが上がって厳しい試合が多かった。(自身は)最初の3試合は中国人ばかりに当たり厳しい戦いになったが、残り2試合はとれた。(ダブルスは)まだ組み始めたばかりで息が合っていない。2人ともミスが多かった。良い流れの時はあるので、悪い流れで切り替えれるように秋までに仕上げたい。(シングルスは)追い込まれて回ってきた。気持ちだけは負けないように粘れるよう頑張った」

▼田頭
「(リーグを振り返り)去年の自分より成長できたと思う。セットオールで負けたりリードされても挽回できなかった。でも、諦めずに1本ずつ取っていこうと思って頑張ったら挽回できた試合もあった。メンタル面は強くなったと思う。秋は今季より良い試合ができるように全勝してチームに貢献して1部に上がりたい」

▼森
「(リーグを振り返り)初めてのリーグ戦で不安だった。先輩、監督、コーチのおかげで最後は自分らしい試合ができた。でも勝ちに貢献できなかったのは悔しい。セットオールで勝てると自信になるが、流れをつかまれると負けてしまうのは悪いところ。インカレ予選が18日にある。全国を目指し良い気分で終われるようにしたい」

▼増田
「(リーグを振り返り)緊張した。1点を取ることが大事。チームに貢献できなかった。練習を秋リーグに向けて頑張る」

▼南木
「(リーグを振り返り)1年3人が初めてのリーグ。1部になれるよう頑張ったが4位になり悔しいが、課題を見つけられたのは良かった。チームの雰囲気は良い。あと1本が取れない、勝たなければいけない試合を落としたのが悪いところだった。(サーブを変えたのは)戦術。バックに固まっていたのでフォアを狙うために変えた。(今後は)インカレ予選団体戦。雰囲気を良くしていって秋で1部に上がれるように頑張りたい」

このページの先頭へ