IMG_3767w.jpg

◇平成26年度関西学生秋季リーグ戦最終節対武庫女大◇9月5日◇ベイコム総合体育館◇

 関大4-3武庫女大

 前節今季初勝利を飾った関大。4年生にとっては最後のリーグ戦である。勝って有終の美を飾りたい。チーム全員で勝利を目指して試合に挑んだ。

 第1シングルスには安川が登場。序盤から攻め、5連続ポイントを奪うことに成功。流れをつかみかけたに思われたが、相手の猛攻に合い、すぐに同点に追いつかれてしまう。サーブで果敢に攻める場面も見られたが、惜しくも13-11でこのセットを落とした。この接戦をものにした相手が勢いに乗る。その勢いを止められなかった安川。悔しいストレート負けを喫してしまう。

 続く試合は増田。1セット目から白熱した点の取り合いとなり、迎えた試合終盤。勝負所で連続ポイントを奪い、このセットをものにした。次のセットも同様の展開となるが、最後に勝負強さを発揮し12-10で2セット目も奪う。この勢いでストレート勝ちを収めるかにおもわれたが、相手のスマッシュが次々と決まり、連続でセットを落としてしまう。運命の最終セット。序盤に7連続ポイントを奪い、勝負あり。セットカウント3-2で勝利した。

 3試合目は主将森田。粘りはみせるものの力強いスマッシュに対応できず、悔しい敗戦。1-2とリードを許してしまう。しかし、ここから関大が盛り返す。安川・南木のダブルス戦。コンビネーションがさえ渡り、相手を圧倒する。ストレートでこの試合を制した。続くシングルス戦はダブルスにも出場していた南木。ダブルスの勢いそのままにこの試合も躍動する。苦しい場面も粘り強く戦い、ストレート勝ち。関大が逆転に成功。このまま関大の勝利と思われたが、続く試合の森が相手の粘りにあい、敗戦。勝負は最終試合までもつれこんだ。

 最終試合に登場したのは田頭。「ここでびびったら負け。絶対に勝つ」と試合に臨んだ。序盤から強気の攻めで次々とスマッシュを決める。また、ミスが少なくラリーを落とさない。完全に流れを引き寄せた。スタンドも大声援で田頭を後押し。最後は強烈なスマッシュを相手コートに突き刺し、こん身のガッツポーズ。プレッシャーのかかる試合で見事に勝利を収めた。

4年生にとっては最後となったリーグ戦。試合後、主将森田は「後輩に支えてもらった。次こそは1部に昇格してほしい」と後輩にメッセージを送った。先輩からの思いを引き継ぎ、卓球女子の挑戦は続く。【高橋良輔】

▼森田主将
「今回は苦しい試合ばかりだった。最後に2勝して終われたのでうれしい。最後なので気持ち良く絶対に勝とうと思って試合に臨んだ。自分は強くなくて、リーグ戦に出させてもらうのも申し訳ないくらい。後輩に支えてもらったのですごく感謝している。強い子たちばかりなのでもっと頑張って次こそは絶対に1部に昇格してほしい」

▼田頭
「絶対に自分が勝つんだと思って試合に入った。ここでびびったら負け、強気で攻めていくことを考えていた。森田さんの最後の試合だったので勝てて本当にうれしかった。今季は自分が負けてしまうことも多かったので、春は全勝目指してがんばりたい」

このページの先頭へ