IMG_%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg

◇関西大学対抗リーグ第5節対甲南大◇9月20日◇ブルボンビーンズドーム

◇初の1部昇格し、〝挑戦者〟として今大会に挑んだ。初戦は、強豪・関学大に歯が立たなかったものの、続く3試合を2勝1敗で4戦を終えて2勝2敗。最終戦は、夏関のダブルス決勝でも対戦した甲南大だ。まだまだ夏の日差しが降り注ぐ下、彼女たちの熱い戦いに火ぶたが落とされた。


 D1にエントリーした夏関女王の藤原・内田組。チームの勝利への火付け役を担ってきた。先制を許しながらも、すぐさま取り返す。接戦の第1セットは7-5で関大が取得。勢いに乗りたい第2セット。藤原がストロークをナイスコースに沈めていく。内田も力強いショットで相手を圧倒。力の差を見せ付け、6-3で第2セットをものにし、1勝目を挙げた。


 D2の山崎主将・川嶋組。第1セットを3-6で落とし、後がなくなった。しかし、大学生活最後のリーグ戦。諦めず、最後の1球まで追いかける。迎えた第2セットは、タイブレークにまでもつれ込む激戦。しかし、5-7とあと一歩及ばず、敗北。


 勝利まであと2勝。運命を担うのは、藤原、内田の3年生両エースと、期待の2年生寺島。S3の寺島は、順調にポイントを量産していく。第1セットは6-0のストレートで取得。第2セットは相手の粘りに苦しみながらも、落ち着いて、ゲームを奪い6-3で勝利。先輩たちにバトンをつなぐ。


 S2で登場した内田。しかし、順調には進まない。対するのは、夏関決勝でも苦戦を強いられた伊丹。力対力の打ち合いが続く。1ゲーム目はタイブレークで、相手の猛追を振り切り内田が先制。第2セットも白熱した展開が繰り広げられる。どんなに鋭いコースをついても喰らいついてくる相手。しかし、内田の積極的な攻めの姿勢に相手のミスが徐々に増え始め、7-5で勝利をつかんだ内田。


 S1は、エース・藤原。息つく暇もない展開。藤原の一方的な展開で6-0で第1セットをものにし、続く第2セットは、相手に若干の隙を見せてしまい、4ゲームを落としながらも、6-4で勝ち取った。


 総合4-1で勝利を収め、リーグ3位が確定。目標としていた王座にはあと1歩届かなかった。しかし、1部リーグで見事強豪入りを果たした関大。来年こそ、悲願の王座出場へ――。2部から昇格を遂げ、1部3位まで達成したシンデレラたちの新たな挑戦はすでにスタートしている。


▽山崎主将「王座に行くことが目標だったが甘くはなかった。3位はうれしい結果。しかし、来年は優勝してほしい。私たちは引退。新チームにはめりはりのある、全員テニスをしてほしい」

〇D1 藤原・内田 7−5 6−3 北山・大東
●D2 山崎・川島 3−6 6(5)−7 伊丹・中山
〇S1 藤原 6−0 6−4 北山
〇S2 内田 7−6(4) 7−5 伊丹
〇S3 寺島 6−0 6−3 中山
〇関西大学 4−1 甲南大学

このページの先頭へ