%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%9B%86%E5%90%88%EF%BC%B0.JPG

◇平成26年度関西大学対抗リーグ戦最終節対同大◇9月14日◇江坂テニスセンター◇

【ダブルス】
◯D1 中村侑・矢多 6-3 2-6 6-3
◯D2 森田直・池川 6-2 7-5
●D3 細川・加藤  4-6 3-6

【シングルス】
◯S1 中村侑 6-3 6-4
◯S2 森田直 6-1 6-4
◯S3 染矢  6-2 7-6(5)
◯S4 竹元  6-1 6-0
◯S5 加藤  6-3 6-0
◯S6 矢多  6-3 6-0

【試合終了】
関大8-1同大

【総合成績】
優勝 5勝0敗

 ここまでの4節とも勝利を収めている関大。最終節の相手は同大だ。同大は3勝1敗でこの試合を迎えており、勝った方が優勝という大事な一戦となった。リーグ戦はダブルス(D)3本、シングルス(S)6本の計9本の勝敗によって勝負がつく。

 D2の森田直・池川組は第1ゲームを落とすが5ゲーム連続で奪い返す。第7ゲームは相手のサービスゲームをキープされるものの直後のゲームを取り、第1セットを取る。第2セットはお互いにサービスゲームをキープし迎えた第11ゲーム。池川のボレーが決まり、相手がミスをするなどして関大がブレークする。森田の強烈なサーブによりポイントを先攻すると、最後は相手のレシーブがネットにかかり試合終了。白星スタートとなった。
 続くD3の細川・加藤組も勝って流れを持っていきたかったが、0-2でストレート負け。残るダブルスはD1の中村侑・矢多組の1つとなった。ダブルスで何とか勝ち越したいところだ。第1ゲームを関大がブレークするとその後は互いにサービスゲームをキープ。ゲームカウント5-3での第9ゲームは接戦となる。相手のボレーがネットにかかり関大のアドバンテージとなると矢多がボレーを決め、第1セットを奪う。第2セットも取りたいところだったが、相手がレシーブでリズムをつかむと5ゲーム連続で取られこのセットを落とす。嫌な流れが続き、第1、2ゲームを落とすが、そこから3ゲーム連続で取ると再び関大ペースに。第8ゲームをブレークするなどして一気に畳みかけ、6-3でセットを奪い、ダブルスを2勝1敗で終える。

%E4%B8%AD%E6%9D%91%E3%83%BB%E7%9F%A2%E5%A4%9Aw.jpg

 シングルス1本目はS5の加藤。6-3で第1セットを取ると、勢いそのままに6-0で第2セットを奪い、優勝へと一歩近づく。続くS3の染矢は相手のミスを誘い、第1セットを取る。第2セットも優位に試合を進めるも、ネットにかかるミスが増え、第8ゲームから4ゲーム連続で落とし、逆転を許しゲームカウントは5-6に。次のゲームを落とすとセットカウントで追いつかれる上に、完全にペースを奪われる展開になるというところで、何とか踏みとどまる。6-6とゲームカウントを追いつくと、ストロークで相手を押していく。序盤からリードを広げる。中盤に連続失点するものの、何とか振り切って接戦をものにした。優勝まであと勝利1つ。
%E5%8A%A0%E8%97%A4w.jpg

%E6%9F%93%E7%9F%A2w.jpg

 S6で登場した矢多。第1セットを6-3で取ると、第2セットはサーブがさえ渡り、サービスエースでポイントを挙げていく。圧倒的な強さで、相手に1ゲームも取られずに、勝利を収めた。この瞬間関大の4年ぶりとなるリーグ優勝が決まった。
優勝を決めた関大はその後の試合も集中力を切らすことなく、白星を重ねていく。S4に登場した竹元は応援を味方につけ、6-1で第1ゲームを取る。第2ゲームも流れを渡さず一気に試合を決めた。続く、S2の森田直、S1の中村侑も勝利を収め、シングルスでは1試合も落とすことなく快勝。見事に全勝優勝を決めた。

%E7%9F%A2%E5%A4%9Aw.jpg

%E6%A3%AE%E7%94%B0w.jpg

%E7%AB%B9%E5%85%83w.jpg

%E4%B8%AD%E6%9D%91w.jpg

 4年ぶりとなるリーグ優勝で全日本大学対抗王座決定戦への出場権を手にした。「日本一しか見ていない」という古井主将。関西一のチームが日本一への戦いに挑む。【林 亮佑】

▼古井主将
「これまで3年連続で2位という結果だった。今年はこれまでに比べ断トツで強く、優勝しないといけないメンバーだった。プレッシャーも大きかったが、チーム一丸となって戦えた。チーム力が高く、サポート組も選手も一緒にみんなで喜べた。球拾いやビデオ分析などチームのために力を尽くしてくれたサポート組に感謝したい。また、選手とサポート組の信頼関係がしっかりしていて主将としてはとても助かった。王座に出たとしても今日負けたら意味がないと思っていたので勝てて良かった。今日は選手、サポート組に関係なくみんな最高だった。王座では最終日の決勝に残って、そこで勝てるように頑張りたい」

▼森田直
「今日勝てば全勝優勝が決まる試合だった。最初は堅さがあったが、ダブルスで勝ち切ったことがチームとしても良かった。ダブルスでの2セット目は相手も試合に慣れ、強くなったが気持ちで取りきれた。シングルスでは優勝を決めたいという気持ちで挑んだ。試合中に別のコートで関大が勝ったので優勝だと気付いた。優勝は決定したが自分の試合に集中して勝ち切ることだけを考えた。応援と団結して勝利できたと思う。今年こそ優勝を目指してという気持ちだった。ここまでやってきて良かった。ずっと日本一目指してやってきたので、王座では優勝目指して頑張りたい」

▼中村侑
「ダブルスではまず1勝とってチームに勢いをつけられるようにという気持ちで挑んだ。2セット目ではファーストサーブが入らず相手にブレークされた。2セット目は取られたが気持ちを切り替えていった。ファーストサーブを入れて、リターンを前衛がおさえるように意識した。シングルスでは今日はS1として出場していた。チームが勝ってもS1が勝たないと王座でも勝てないと考えていたので勝つことだけを考えていった。しっかり勝てて良かった。昨年2位で悔しい思いをしていたので優勝できて良かった。今日はファーストサーブでの前衛の動きをもっと積極的にしないといけないという課題が出た。王座ではその課題を克服して単複で2勝したい。優勝目指して頑張りたい」

▼矢多
「ダブルスはいつも出ている。D1として出ているので絶対に負けてはいけない。勝つのは絶対条件。シングルスは自分のプレーをしたら勝てるから思い切りやっていこうと思った。相手はサーブが良い感じで、すぐに攻めてくる。自分もサーブからの展開で前に出て、身長があるのでネットプレーをしている。自分が5勝目だった。ベンチコーチと自分らで5勝目を挙げるぞと話していた。勝ててほっとした。1、2年生が多く出ているが、4年生の森田さんの存在はすごく大きい。絶対的エース。自分たちが思い切ってプレーして勝ち数を稼ぐという感じ。このメンバーだったら優勝しかなかった。王座はどういうメンバーになるか分からないが、優勝を目指して全員で頑張りたい」

このページの先頭へ