◇関西学生春季リーグ戦上位リーグ対神院大◇5月11日◇びわこ成蹊スポーツ大学体育館◇

【第1セット】関大23―25神院大
【第2セット】関大19―25神院大
【第3セット】関大25―22神院大
【第4セット】関大27―25神院大
【第5セット】関大15―9神院大
【セットカウント】関大3―2神院大

 春季リーグ1部昇格を目指し、ひた走るバレーボール部女子。順調に白星を重ね上位リーグに入った。目指すはもちろん全勝だ。相手は前節と同じ相手である神院大。チーム力を見せ、フルセットの末勝利するも、「しまりがなかった」(光山主将)。勝利を飾るも課題が残る試合となった。
「朝から気持ちが浮いていて、気持ちが上手くしまってなかった」(光山主将)。前節セットカウント3―1で勝利した相手との再戦。しかし、気持ちに余裕が出たことが原因となり、第1セットを落としてしまう。2セット目から巻き返したいところだ。
 しかし、2セット目も先制点を許してしまう。山田がレフトからのスパイクを決め、同点に追いつくも、その後相手に連続得点を与えた。光山主将のバックトスや、長いラリーの末、高橋がレフトから直線コースへスパイクを決めるなど連携プレーが光るものの、相手にリードを許したままセットポイントを奪われ、最後は速攻を決められてしまった。
 後がない関大。「気持ちを切り替えた」(光山主将)。先制点を許すも、ボールを追いかけ諦めずにつないでいく。チャンスボールを生かし、上田が丁寧にレフトからスパイクを決め、相手のミスを誘っていく。2重ブロックを恐れることなく、スパイクを打ち込む植田。7―6の場面で、光山が上げたトスにタイミングを合わせた小長谷の強力なスパイクで同点に追いつくと、高橋がブロックを決め、ついに主導権を奪う。その後は相手に連続得点を許さず、高橋はサービスエース、レシーブであげたボールに上手くタイミングを合わせ、スパイクを打ち込む。確実にポイントを重ね、堪らず相手がタイムを要求。流れを引き寄せ、25―22で3セット目を奪った。
 油断は出来ない4セット目。序盤リードするも、途中連続得点を許してしまう。しかし、勢いを取り戻した関大は、応援とも一体となり、徐々に相手を追い詰めていく。最後はデュースにもつれ込むも高橋が直線コースを狙い、27―25で粘りを見せた。
 運命の最終セット。序盤から5連続ポイントで優勢にたつと、勢いそのままに得点を重ねていく。小長谷がライトから速攻を決め、14―9。マッチポイントをつかんだ。最後は高橋の力強いスパイク。ボールは相手のブロックで返るもアウトへ。15―9で勝利を収めた。
「チームワークでは負けない」と語る光山主将。悲願の1部昇格を狙う。男子が同日先に2部昇格を決め、ますます目が離せないバレーボール部。男女ともに昇格をつかみにいく。

▼光山主将
「先週勝っている相手にしまりがなく、浮かれていた。良かったところはない。悪かったところは、バラバラになっていたこと。(関大は)チームワークではどこにも負けない自信がある。出だしが悪いので、試合に向けての入りをしっかりしたい。(残り2試合)みんなで勝ちたい」

このページの先頭へ