◇第57回全日本大学対抗選手権大会(Ⅱ部)◇11月11~11月13日◇はびきのコロセアム◇


 Ⅰ部昇格に向け、今大会に挑んだ重量挙部。昨日では多くの選手がチームに貢献した。また、白草はジャークにおいて、大学公認最高記録を更新。偉業を成し遂げた。さらに85㎏級では西中がトータル283㌔で1位を勝ちとり、「チームの仕事ができて良かった」と話した。優勝を目指し、最終日に挑む。

 94㎏級に出場した向井。スナッチでは105㌔を、力強く持ち上げ成功。自己ベストを更新。ジャークでは1本目の133㌔をクリアすると、136㌔、140㌔と次々に成功を重ね、6位。

 また105㎏級では、越智が登場。スナッチの1本目を103㌔に設定。頭上へと持ち上げることができずに失敗してしまう。2、3本目も果敢に挑戦するものの惜しくもクリアできない。悔しさを見せながらも、ジャークでは気持ちを切り替え、すべての試技を成功。135㌔を記録した。

 最後に行われた+105㎏級では藤本主将が登場。スナッチ1本目の100㌔を一気に持ち上げ、見事成功。2本目は110㌔を持ち上げ、3本目は115㌔に挑戦するも耐えきれず、失敗。次のジャークは1本目の120㌔を落としてしまう。仲間の声援の中、2本目に再び挑戦。慎重にバーを握り、見事持ち上げる。だが、最後の3本目を脚のケガのため棄権した。

 最終日も健闘をみせた重量挙部。昨日1位であったが、総合では団体3位に終わり、悔しい表情を見せる部員たち。Ⅰ部昇格にはならなかったが、次なるステップアップを目指し、奮闘し続ける彼らの活躍に期待がかかる。


▼藤本主将
「今大会では色々な記録を見れた。それぞれが成功し、課題を克服できていた。悔いはない。チームの雰囲気も4年間で1番良かったと思う」


・団体成績について
 各大学の選手8名まで(各階級最大2名)が得点対象となる。スナッチ、ジャークとトータルの各カテゴリにおいて各階級の1位には8点が与えられ、以下2位・7点、3位・6点…8位・1点となる。
 その合計により団体成績を決定する。

【団体総合成績】(確定記録・抜粋)
1位 名産大 151点
2位 立命大 145点
3位 関 大 114点
4位 名桜大  92点
5位 中京大  79点
6位 拓殖大  60点
7位 国士舘大  48点
8位 立教大  38点
9位 佛 大  28点
10位 近  大  18点

このページの先頭へ