ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク

 11月23日、関学高等部のラグビー部が、2年連続の花園出場を決めました。
昨年は初のベスト4を達成するなど、活躍が著しい関学高等部ラグビー部。
大学ラグビー部にも、たくさんの高等部出身者がいます。
大学でもプレーを続ける選手もいれば、大学では別の道を選び、活躍してきた人々もいます。
心の底には「関学ラグビー部」という深い絆、関学ラグビー部に根付く精神がありました。
 ラクロス部男子主将・前川友穂(商4)さん、
カヌー部兼体育会学生本部に所属していた宮本弘平(人4)さんに、高等部ラグビー部時代の思い出、
そしてリーグ戦を戦うラグビー部の同期へのエールを語っていただきました。

TOP


―さっそくですが、先日、関学高等部ラグビー部が2年連続で花園出場を勝ち取りました
前川「本当に嬉しいです。会場には行けなかったのでテレビで見ていたんですけど…試合運びが全然違ってて、余裕を感じましたね。最後はちょっと危ない場面もありましたけど、安心して見れました」
宮本「僕は会場で見たんですけど、あの場所の緊張感はやはり違いましたね。試合が始まって、前半から関学がすごいうまくて、大差で勝つかなって思ったんですけど、後半からの報徳の底力はすごかったです。両校の思いがぶつかってて、でもギリギリのところで関学らしい、気持ちのこもったディフェンスが見えました。最後は冷や冷やしたけど、両校のプライドがぶつかり合ってて、いい試合でしたね」

―昨年は初のベスト4という素晴らしい成績でしたね
前川「僕らの代の目標が「花園で正月を迎える」ということだったんですけど、あっさり達成しちゃって。OBとしても、花園第Ⅰグラウンドで試合を見れて良かったです。今年の正月も花園行って欲しいですね」

―高校時代、花園の舞台への憧れの気持ちは
前川「やっている以上は憧れでしたね。僕たちは行けるか行けないかの瀬戸際だったので。行けたときの達成感や乗り越えた壁というのは、かなりのことだと思います。客観的に見たら普通にすごいことで終わるけど、本人たちは絶え間ない努力をしていると思うので。2年連続で兵庫県代表で出られることは、すばらしいことだと思います」


(2007年12月27日、入場行進で高校ラグビーの聖地・花園の芝を踏みしめる高等部の選手たち)

―前川さんと宮本さんの代も、実際花園への出場経験もありますが
前川「完全に小樋山(人4)の引きの良さでしたね(笑)。1年生のときは抽選で負けて行けなかったんですけど、3年の時に小樋山が引いて、出場が決まりました。ずっと報徳が連続で出場していて、ライバルが報徳というか、立ちはだかる壁って感じでしたね。実際、関学のジャージを着て憧れの舞台に立った時は「関学でラグビーやってて良かった」って思いましたね。関学はそこまで花園の経験がなく慣れていないので、どこかふわふわしたところがあったのか、経験不足なのは感じました。でもこれからは関学が出続けれたらなって思います。それまでの勢力図とは変わって関学が強くなるのもあると思います」

―朱紺のファーストジャージへの憧れは
前川「アメフトとかサッカーとか見ても、関学カラーって青なイメージが強いんで、なんで朱紺なん?って思っていたんですけど、いざ着てみるとすごく誇らしく思っていました」
宮本「中学のときに、初めて見てかっこいいと思いました。ラグビーとしての伝統を感じて、憧れはありましたね。僕は逆に、KGブルーを入学してから知りましたね」

―印象に残っていることは
前川「とりあえず99パーセントしんどいことでしたね(笑)」
宮本「僕はやっぱり3年生時の兵庫県予選の決勝ですね。試合に出ている、出ていない関係なく、ウォーターとして同じフィールドに立てたことがすごく幸せでした。抽選にはなったけど、出場が決まって本当に信じられなくて。新聞とかクラスメイトからの言葉を聞いて、徐々に実感が湧きました。3年間の集大成ですごいことができて、その場にいれて良かったです」


(試合を見つめる左端・前川、右端・宮本)

―お互いの印象は覚えていますか
前川「本当に努力家で。パス練習とかひたすら陰でコツコツやってました。ひたむきに黙々と練習するタイプで頑張り屋さんだなって思っていました。最後まで諦めない姿勢を見て、僕も負けられへんなって思いましたね」
宮本「すごくお世話になった人ですね。同じポジションだったけど、負けたくないけど越えられなくて。リザーブの19番は憧れで、勝ち取りたかったけど越えられなかったです」

―ラグビーを始められたきっかけは
前川「中学時代は野球をしていて、高校では違うスポーツがやりたくて、アメフトかラグビーで考えていました。関学やしアメフトにしようかなって思っていたんですけど、中学3年生で受験勉強の合間にテレビを付けたら、たまたま関学のラグビーの試合を放送していて。報徳との決勝の試合で、37年ぶりに報徳に勝った試合でした。ただただかっこいいって思ってラグビーに入ろうって、その時決めましたね。ラグビーというスポーツそのものと、ひたむきで周りからのサポートも厚い関学のラグビーに惹かれて、「関学でラグビーがしたい」という気持ちが芽生えました」
宮本「僕は父の影響で小4からラグビーをしていました。週に2回、地元のスクールの練習に連れて行かれて。最初はしんどいし、怖いしで…(笑)。でもタックルの快感とか、褒められることが嬉しかったですね。中学部のスクールも強くて、東海大仰星高とか報徳高とか強豪校に行く子が多かったんですけど、受験前に「僕が関学に行って倒したらすごいんじゃないか」って思って。当時も関学は結構強かったし、「関学でラグビーがしたい」というのをモチベーションにして勉強を頑張りました。関学への憧れはありましたね」

―高等部時代、同じグラウンドで大学生も練習していたと思うのですが、関学の大学ラグビーへのイメージは
前川「楽しそうやけど、うまいんやろうなって思っていました。僕らは高校生でしぼられてたので、激しいけどのびのびやっている印象は受けていました。高校時代の先輩とかもいて、高校生の時は厳しい中にいたからこそ、今のびのびやっているんだろうなって。自由やけど地に足は付いているというか。時々一緒に練習してもらったりもしたんですけど、高等部の先輩のタックルを受けたら、数段レベルあがってて「大学生すごいな」って思いましたね」
宮本「レベルが全然違ってて、雲の上の存在に思っていました。高校は監督という存在があるけど、大学は学生主体で、自由に楽しそうにやっている印象もありましたね。でもやっぱり大学生はかなり上手くて。話聞いたり、可愛がってくれたし、憧れを通り越す存在でした」

―ではなぜ、大学では違う道を
前川「1年間プレーした後、高等部のコーチになるっていう話もあったんですけど、どうせなら4年間プレーしたいっていう気持ちがあったので。今でもラグビーは大好きですし、今後の人生でもそれは変わらないんですけど、高校時代はプレーでそんなに活躍できなくて…小樋山とかすごい選手もいるし。やるからには一番上に立ちたいっていう気持ちがあったので、新たなフィールドで自分の可能性を見つけたいって思いました。ラクロスという競技はプレー面でも組織的にもまだ未熟だったので、何とかしたいと思って入部することにしました」
宮本「僕自身、大学でラグビーを続けることは能力的に難しいって思っていました。スタッフとしての道も考えたけど、カヌーの魅力の方が強くて。自分がどれだけできるか試したいと思ったし、4年間努力できる環境がカヌー部にはあったので。人間として熱かったし、すごい高い目標を持ちたいと思っていたし。初心者でも日本一を目指せる、達成できるということを先輩が示してくれていて、僕にもできるんじゃないかなって思って。ラグビーは変わらず好きだけど、違うところで試したいって気持ちはありました。あと、本部に入った理由は、いろんな部に貢献したいって思ったからです。他部の頑張りや、それに貢献できる環境に入りたいと思ってて。もしラグビー部に入っていたら、本部には入っていなかったかもしれないですね。いろんな部に貢献したいっていう中に、もちろんラグビー部への思いもありました」




―ラグビーから得たものは
前川「体をあてることは、ラクロスでもあるんですけど、自分はラグビーで経験しているので、アドバンテージはあったのかなって思いますね。後は高校時代、厳しい練習も乗り越えてきているので「あれだけやってたんやから大丈夫」っていう自信にはなっていますね。頭とか足がしびれるまで走ったこともあるので…(笑)」
宮本「ラグビーは信頼されないと活躍できないスポーツだと思います。そのために高い意識を持って練習に臨んだし、量だけは誰にも負けないって気持ちでやってきた自信があります。カヌーでもチームを作る上での信頼は必要だったし、その面では高校時代の気持ちを引き継いでいるから、練習への意識とか姿勢は苦じゃなかったです。それはラグビーで培った気持ちがあったからで、ひたむきに時間を見つけてやってきたからだと思います」
前川「あと、人間として一番大切なことを学びましたね。あいさつ、言葉、姿勢、ふるまい…。今になって、先生やコーチが口酸っぱく徹底して言ってくれて、かなり良かったと感じますね。あいさつがちゃんとできていると強い、というのもあるし、大学入ってからも、あいさつに関してはすごく活きていると思います」
宮本「高校時代はやらされてるって感じだったけど、大学に入って思い返すと、すばらしかったなって感じますね。理にかなってたというか…マナーとかモラルの徹底とか、人間として第一のことを学びましたね」
7spirits

―プレー面で、ラグビーが強いチームはどんなチームだと思いますか
前川「ディフェンスの強いチームだと思います。中3のとき、啓光学園の試合を見たんですけど、ディフェンスがバチバチでゴール2㍍前でも、インゴールを割らせなくて。タックルの質が違ってて、あとはブレイクダウンの強さとか接点の強さとか。すごい奴ってタックルとかジャッカルとかも強くて。中3のときの関学も、ディフェンスが強かったですね」
宮本「僕はタックルだと思います。気持ちのこもったタックルは、見ている側にも伝わると思うし。そういう点でも、小樋山のタックルはすごいなって。組織ディフェンス以上に、前で止めるディフェンスができるチームは勝つと思います」

アタックル
(関学ラグビー高等部の横断幕「アタックル」)

―今は別の道を歩んでいるわけですが、ラグビー部や同期の活躍は気になりますか
前川「そうですね。今でも仲良いし、横のつながりも強いです。ラグビー部の活躍を見て頑張ろうって思うし。ラクロスとカヌーっていう違う道を選んだけど、「どの道を選ぶかではなく、その道をどう歩くか」が大切だと思うし、自分の道をしっかり頑張りたいですね。会って騒いだり、今でも付き合い続いているし、一生の友達として、腹割って話せる仲間ですね。ラクロスも団体競技だけど、ラグビーはあれだけ痛いことして、自分が犠牲になって仲間を助けてて1人のために体を張って。ラグビーでの友情関係は他よりも強いと思うし、ラグビーなりの信頼関係が築けるのかなって思います」
宮本「岩尾(佳明=人4、トレーナー)がスタッフキャンプで代表となって引っ張っているのを見て、大学に入って変わったなって感じました。仲間から刺激を受けましたね。本部における目標に「影響力の与えられる人になりたい」という目標があったので、すごく刺激を受けました」

―今、リーグ戦中のラグビー部ですが
前川「一度はラグビーをやっていた人間として、関学のラグビー部は一番気になる存在ですよね。思うような結果は出ていないかもしれないけど、やることをちゃんとやっていたら結果もついてくる集団だと思います。窮地とか言われているかもしれないけど、まだまだこれからの学校だと思うので、チャレンジして頑張って欲しいですね」
宮本「そうですね。まだ終わってないし、目標達成の可能性は残っているので、信じてきたことを出しきって欲しいです。十数年のラグビー人生も最後になる人がいると思うしやってたら結果はついてくるので、頑張って欲しいです。同大戦しかまだ見れてないんですけど、いいチームだと思うし、伸びる可能性はあると思う。最後まであきらめないで欲しいです」

―最後に、ラグビー部へのメッセージをお願いします
前川「1月2日は空けています。国立に行きましょう。期待しています」
宮本「ラグビー人生のすべてをかけてください。期待しています。一緒に国立に行きたいです」



(左から)
■宮本弘平(みやもと・こうへい)/カヌー部、前年度体育会学生本部副本部長/人4/関学高等部/174㌢、65㌔/読書
■前川友穂(まえかわ・ともほ)/ラクロス部男子主将/商4/関学高等部/168㌢、68㌔/ドライブ


取材日:11月24日
写真提供:関西学院高等部ラグビー部
(取材・製作:山本大輔/篠原沙耶/宮本直実)