ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク

201112-3.jpg


―選手権を控えた今の心境は
 相手のFWはすごく強いけど、悔いを残さないよう、最後まできを抜かずにやりたいです。

―リーグ戦を振り返って
 BKに助けられることが多かったので、選手権ではFWがBKを助けられるようにしたいです。

―自身のプレーはいかがでしたか
 自分の持ち味はセットプレーとディフェンスだと思うんですけど、安定しなかったです。改善してチームに貢献したいですね。

―成長した部分は
 アタックとか積極的にいけてると思います。今年のBKはトライが取り切れるBKなので、そのBKを生かせるように、走るFWになれるようになれればと思います。

―課題は
 ゴール前のモールとか、BKで取りきれないところは、FWで取りきるアタック力は欲しいですね。あと、BKもFWもミスが多いと思います。その原因は試合の入りの悪さにもあるのかなって。修正したら通用する力はあると思います。

―セットプレーについてはいかがでしたか
 4年生が少なくて若いチームだけど、チーム全体でまとまりを意識していけたらなかなか強くなると思います。

―今年のFWの強みは
 アタックできる選手が多くて、全体的にも走れているし、ポイントでは負けていないと思います

―FWとBKとの連携についてはどうですか
 だいぶ良くはなってきていると思います。BKが抜けたところにもっとFWが寄っていけたら、って思いますね。FWでもトライ取りたいです。

―初戦の明大戦で、ご自身はどういったプレーを
 FWで互角の試合ができたら、BKは勝てると思うので、セットプレー、モールで負けないようにしたいです。

―勝利のかぎは
 FWがどこまで譲らずにいけるかが重要になってくるんじゃないかなと思います。可能性は全然あると思います。

―最後に意気込みをお願いします
 明大戦は国立出場に向けてのひとつのステージだと思います。応援よろしくお願いします。

■幸田雄浩(こうだ・たけひろ)/PR/経3/東福岡高/180㌢、102㌔