ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク


 4月16日、FIGHTERS初の試みとなるイベント「FIGHTERS DAY」が行われました。
FIGHTERS DAYは、ファイターズファミリーの交流とファンディベロップメントを目的に開催されたもの。
13時から第三フィールドでパナソニック電工インパルスとの合同練習の見学、16時からはキャンパス内の食堂で交流会が行われました。ここではその模様をレポートします!


   


パート別練習⇒ワイドユニットによるパス攻撃の練習⇒ラインアップユニットによるラン攻撃の練習⇒キッキングの練習
の順で練習が行われました。
練習中はサイドラインでの見学ができるようになっていました。フィールドで見る大学生と社会人の練習風景は迫力があり、見学に来た小学生たちは圧倒されている様子でした。
ファイターズは社会人選手にアドバイスをもらい、自分のレベルアップに努めていました。

また練習が終わりフィールドが空くと、小学生対象のキャッチボールのためにフィールドが解放されました。











関学ファイターズ卒で、現在パナソニック電工インパルスで活躍する4選手に、練習を終えてのコメントをいただきました!

吉川雅浩さん(2009年度卒)
河野順さん(2004年度卒)
財満修司さん(2002年度卒)
塚崎泰徳さん(1998年度卒)



   



16時から会場を食堂に移し、交流会が行われました。
大学、高等部、中学部、初等部、啓明学院の学生、生徒、児童や、上ヶ原BLUE KNIGHTS、S☆FIGHTERS、ファイターズファンクラブ会員、そして上ヶ原地区の近隣の方々、FIGHTERS出身のパナソニック電工インパルスの選手・コーチら総勢約420名が参加しました。
食事やビンゴ大会、イメージビデオの上映などが行われ盛り上がりを見せました。
会の最後には中学部、啓明学院高、高等部、大学の各主将が決意表明を行い、FIGHTERS主将・松岡(経4)のリードで「FIGHT ON,KWANSEI」を全員で歌い上げて締めくくりました。
















FIGHTERS DAY担当:MGR斎藤匠(商4) 「課題も見つかりましたが、子供たちが楽しそうにボールを触ったり、大学の選手と話している様子を見ると、会を開けて良かったと思います。今回が第一回なので、継続していってどんどん良いものにしていきたいです」


















(企画:編集部 協力:アメリカンフットボール部 取材・製作:妹尾拓司/浜出麻央/岩畔紗稚/清水翔太)