ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。
※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・RB松岡正樹(経4) 「今日の試合は点数は入ったが、反則が多かった。手応えは全然ない。相手を0点で抑えたが、ロングパスも決められている。次からの3連戦に向けて詰めるとこまで詰めて、流れを取り戻せるチームに仕上げていきます。次の関大戦は日本一になるために絶対勝ちます」

副将・DL長島義明(商4) 「今回こそ『しょうもないミスをなくそう』と言っていたのにミスが出た。本来止めるべきところで相手を止められていない。次からの戦いでこんなことをしていたら勝てない。次の関大は去年負けた相手。もちろん完封を狙います。全ては気持ちなので、熱いプレーを見せて勝ちたいです」

#RB2野々垣佑輝(人2) 「前半はランが思い通りに出なかった。OLがあけた道は走れているが、RB自らが道を切り開くことはできていない。そんな中でも80点取れたのは、オフェンスの選手層が厚いからだと思う。次節の相手である関大は、イメージしている以上のチームだと思うが、圧倒したい」

#3K/P大西志宣(商4) 「スタートダッシュがうまくいったのがよかった。自分たちのペースでできたと思う。(46ヤードFGについては)今回は距離が遠いFGだったということだけ。距離に関係なく『FGが決まった』ということだけが大切。次の関大戦ではベストパフォーマンスができるように準備していきます。キッキングから流れを作りたいです」

#6RB鷺野聡(商1) 「最初のキックオフリターンTDは周りがしっかりブロックしてくれたので安心して走れた。でも今日はそれ以外の部分で仕事が出来なかったのでそこは反省して次に活かしたい。次戦の関大はこれまでの相手とは一味違うと思うので、2週間しっかり準備して望みたい」

#WR9梅本裕之(法2) 「思っていたよりもパスプレーが多かったが、よく通っていたと思う。今日は1対1の勝負で勝てて良かった。次の関大戦では相手も力強いプレーをしてくると思うが、負けないように思い切ってプレーしたいです」

#11QB糟谷啓二郎(人4) 「自分の持ち味はロングパスと走力だが、今日は早い段階からそれが出せた。だが、練習でできていることが試合ではできていない。メンタルをどうやって鍛えるかが課題だと思う。これからはビッグゲームが続くが、今日の試合でいい流れが作れた」

#24QB松岡弘賢(神1) 「今日は最後のシリーズで自分の一番だめなところが出てしまった。いつもは緊張してしまうが、今日は点差が開いていたこともあり、落ち着いてプレーできたのは良かったと思う。4年生を日本一にするために、これからも試合に出場できたら楽しんでプレーします」



戻る