ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。
※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「見たことのない数の観客、大きな声援が力になりました。応援ありがとうございました。1月3日に勝つことが僕たちの目標なので、ライスボウルまでに自分たちのフットボールを極めて勝ちたい。あと2週間このチームでできるということが本当にうれしい。日本で一番のチームにしてみせます!」


副将・#57OL谷山雅直(人4)「純粋に勝てたのが嬉しい。自分のプレーには反省が多い。相手のDLは想像通り強かった。ライスでの相手、社会人のチームはどこが来ても強い。チーム力で勝ちたい。」


#1LB池田雄紀(社2)「(インターセプトについて)後半流れが良くなかったので、『自分が変えてやる』と思っていたらボールが飛んできた。集中していてボールがスローモーションに見えました。1日1試合以上ビデオを見て研究した成果が出たと思う。アメフトを始めてから初めて日本一になれたので嬉しい。この一年間、アメフトだけやってきて苦しい時期もあったがそれもふっ飛ぶくらい嬉しいです。ライスボウルの対戦相手は実力があってレベルも自分たちより上だと思うが、チーム力や学生らしいスピードで勝負したいです」


#RB2野々垣佑輝(人2) 「甲子園に来れてみんな高い意識を持って試合に臨めたと思う。甲子園で走りたかったし、今日は試合に出場できて良かった。ライスボウルは勝っても負けてもこのチームでやる最後の試合。社会人を倒したいです」


#3K/P大西志宜(商4) 「今日もキッキングとしてはいい仕事ができたと思う。パントでもいいポジションを与えることができた。日大のミスではあったけどあのパントで流れを関学に持ってくることができた。一発で流れを変えることができるキッキングを見せれたと思う。7年間やってきてやっと今日初めて日本一になれた。それは素直にうれしい。(甲子園の芝生について)内野のところはちょっとやりにくかったですね(苦笑)プレイヤーとしてはやりにくいと思う。自分もキックで踏み込みにくいと感じたが蹴り方を変えるつもりはなかった。自分の今まで取り組んできたことに信念をもってやってきたので。結果的にFGを一本失敗したが貫き通してよかった。(チャック・ミルズ杯受賞について)特別なことは何もしていない。秋の開幕戦からずっと続けてきたことをやってきただけ。今日はパントゲームで差が出たと思うしそこを評価していただいたのかなと思っている。このメンバーで年を越してもう一度試合できるのはもちろんうれしい。目標は日本一なので。しっかりと準備したい」


#4DB香山裕俊(社4) 「TDを許さなかったのは良かった。守備から流れを掴もうと思っていてそれが出来たと思う。ライスボウルではスピードのあるWRが多く手こずると思うが今までやったことをすべて出して、流れを変えるプレーをしたい」


#6RB鷺野聡(商1)「緊張もあったけれどキャリーすればいつも通りできた。思っていたよりは力を出せたかなと思う。TDできなかったのは悔しいですね。ライスボウルで当たる社会人は強いのは分かっているので、準備できることをして、ベストを出すだけです」


#11QB糟谷啓二郎(人4) 「準備不足が心配だったが流れにのれたからよかった。甲子園を知らないので正直実感が沸かない。今度は1年間やってきた中で最も強い相手。社会人に勝って日本一になるという目標を果たすため、しっかり準備して望みたい。」


#12DB重田修宏(文4)「日大にミドルパスが結構いかれたのはDB全体としての反省点。ランは中のメンバーがよく止めてくれていた。パスプレーは相手のミスに救われた部分も大きかった。自分個人としてはあんまりいいプレーできなかった。しかし勝負どころで止めてFG1本に抑えれたのは大きいと思う。社会人はフィジカル、技術すべて能力が高い。気持ちでは絶対に負けたくない。しっかり準備して臨みたい」


#16WR和田俊亮(商4)「第1Qのパスはプレーとしては崩れたが畑が良いタイミングで投げてくれた。畑は妥協せずにギリギリのところに投げてくるので自分も必死で走って捕ってやるという気持ちになる。父が甲子園ボウルで日大に負けているので良いプレゼントが出来たと思う。次は社会人が相手だが、調子は良いのでいつも通りのプレーをしたら勝機はあると思う」


#18QB畑卓志郎(社3) 「今日はディフェンスとキッキングのおかげでフィールドポジションが良かった。ただ自分のプレーには納得していない。焦ってしまって落ち着きがなかった。(甲子園ボウル最優秀選手賞を受賞したが)なんで僕なんかなと思う。初めての日本一は感動というか今までのしんどい思いが形になった感じです。勝っても負けてもあと1試合。今日の試合がプラスになるように反省したい。そしてしっかりと準備して社会人に勝って日本一になりたい。」


#24QB/RB松岡弘賢(神1)「試合に出れなかったのは残念。でもこの場に出れたのはいい経験になった。(兄・松岡正樹について)ランは通っていなかったが、サイドラインで声を出したり、アドバイスをしているところはやっぱりすごいなと思った。次の試合に出れたら、社会人は強いがびびらずにやって、4年生の手助けをしたい。」


#43RB望月麻樹(人3) 「TDできてすごくうれしい。前に進むことだけを考えて突っ込んだ。まず関学に流れを持ってこれたと思う。仲間が良いディフェンスをしてくれたから、良いポジションからオフェンスができた。自分より重い相手にはびびらないでやろうと思っていましたね。RBには上も下の学年にも凄い選手がいるので良いところを盗もうと思って一年間やってきた。チームの力になれて嬉しいです。ライスボウルではランでもっとゲイン出来るように練習していきたい」


#79OL友国詢(商2) 「自分にとって初めての日本一。すごくうれしい。(モトゥ選手について)対面だったがやはり強かった。できたプレーもあるけどできなかったプレーもある。点数は70点。この経験を生かしてライスボウルでも戦いたい」


♯91DL池永健人(商2) 「甲子園は夢の舞台だし、勝てて最高の経験ができました。でももっと暴れたかった。なので今日の分も1月3日に東京ドームで思いっきり暴れます」


#92TE金本啓二(商3) 「勝ててうれしいです。一対一では勝てたと思う。ただ西日本代表戦からどこか甘いところがあったと思っている。勝てたのはうれしいけど、このままではライスボウルで勝てない。今シーズンはライスで勝って終わりたい。ALL GRITで勝ちます!」




戻る