ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。
※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「ランプレーはよく通っていたと思う。パワーの望月(人3)、スピードの野々垣(人2)が経験が浅いながらも持ち味を出してくれた。でも能力関係なくチーム全体がこだわりをもって取り組んでいる部分が出来ていない。サイドラインも元気がなかった。次の関関戦までに急ピッチで修正していかないといけない。どんな試合でも絶対負けられないので勝ちにいきたい」

副将・#57OL谷山雅直(人4)「オフェンスとして反省点がたくさん出ました。練習で出来ていないことは、試合でも当然出来ないということをみんな改めてわかったと思います。次の相手、関大のDL(ディフェンスライン)は強いですし、自分が下級生次からずっと戦ってきた選手が多いので、絶対に負けられない。基礎から見直して試合に望みたい」

副将・♯98長島義明(商4)「序盤で声が出てなかったのは反省です。日大に勝ったのは自信になるが、細かいミスがありました。次の試合までに克服して、少しでも日本一にふさわしいチームに近づきたい」

#2RB野々垣祐輝(人2) 「初戦ということで気合を入れて臨みました。後半はOLのブロックが良くて走りやすかったです。春は体づくりに重点を置いて、良い結果を残したいです」

#3K/P大西志宜(商4) 「もう4年目なので、ある程度自信を持ってやれました。だが、キックオフやパントはまだまだレベルを上げれる。今日勝てたことは大きいと思う」

#4DB池田雄紀(社2)「練習で課題に挙がっていたところが試合でも出てしまいました。悪いところは改善して、次の関大戦では思い切りプレーしたいと思います。今年は常にビッグプレーを狙ってやっていきます」

#18QB畑卓志郎(社3) 「初スターターでしたが緊張せずプレーできました。ですがイージーミスがあり、冬の練習の成果を出し切れていなかった。出来は50点くらいです。今シーズンは全試合スターターとなって、チームを日本一へ導くQBになることが目標です」

#25DB 大森優斗(社2) 「初めてのスタメンで、第1Qは緊張してうまく動けなかった。でも試合が進むに連れて落ち着くことができたし、緊張しなければ十分やれると感じました。(インターセプトについては)強豪・日大相手にこんなプレーができたのは自信になった。次の関関戦も絶対スタメンを取って結果を残したいです」

#43RB望月麻樹(人3) 「今日の調子はまずまず。最初のTDでは、自分のパワーが生きたランを見せることができたと思います。でも甘いプレーがあったので、練習から意識したいです。今年はRBとしての経験を積んで、このチームを日本一にさせます」






戻る