ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。

※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「結果としては点差をつけて勝利できたが、内容としては負けていました。気持ちの弱い部分が出てしまった。息が上がってきた時の粘り強さ、サイドラインのメンバーの盛り上げなど、まだまだ高いものにできるはず。春は短い間隔で試合があるので1試合、1日を無駄にせずに取り組みたいです」

#9WR梅本裕之(法2) 「パスTDを決めて、結果を残せたのは良かったです。ブロックももっとしっかりできたら良かったと思います。京大は秋にはもっと強くなるはず。秋までにしっかり地力を上げていきたいです。ブロックをやりきって、自分に来たパスは全部取るつもりで取り組んでいきます」

#18QB畑卓志郎(社3) 「最後に無理をしてパスしたところでインターセプトをされたのが悔やまれます。レシーバーとのパスがうまく通ったのは自信に繋がりました。京大はヒットの強さが印象的でした。今日はランがいまいちだったので、修正したいです。春シーズンの日程も約半分終わりましたが、残りの試合も全部勝ちます」

#20坪谷勇太郎(人4) 「久々に試合に出て、試合ならではのミスに気付きました。オフェンス全体としては、京大の気迫に圧倒された印象があります。関学にはまだ気迫が足りないと反省しました。各自でビデオを見るなどして試合を振り返り、次に繋げていきたいです」

#90梶原誠人(商3) 「(QBサックについては)運が良かっただけです。失敗したプレーがあり、TDも許してしまったので反省です。今後は上回生として周りを見て、チームの中心になっていきたいです」






戻る