ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。

※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「今日の点数はよく言っても40点くらい。ディフェンスの穴が浮き彫りになったし、流れをつかむことができなかった。前半を同点で折り返したことは、関学と慶応大に力の差がないことを表している。次の明大戦は最後の一軍戦で、春の集大成を見せる試合。本気で勝ちにいきます」

副将・♯98DL長島義明(商4) 「(慶應大に)パスも通されたがQBに走られてしまった。立命大や関大のQBはもっと重くて足も速い。今のままでは昨年のように走られてしまう。慶應大のQBはランが速いとわかっていたのに、QBの追い詰め方の練習が足りなかった。DLも押されていて速いスタートに付いていけてない。次の明大戦までに今日見つかった課題を克服して、自分が率先してディフェンスをまとめていきたい。自分にはその責任があると思う」 」

#2RB野々垣祐輝(人2) 「序盤で目の前の相手に集中できていたのは良かったです。ですが相手を把握し切れなかった部分があり、自分のTD(タッチダウン)もOLのブロックのおかげで走れただけです。後半はファンブルもあり、反省点は多いです。この反省を次につなげていきたいです」

#4DB香山裕俊(社4) 「慶応大のQBを警戒していたにも関わらず、要所で走られてしまった。しっかりタックルし切れなかった点が反省です。インターセプトについては、タイミング良くボールの先に行けただけですね。次の明大戦が春最後の一軍戦なので、これまでの課題を克服して挑みたいです」

#16WR大園真矢(社1) 「パスが成功する場面もありましたが、今日はミスが多く反省するところばかりです。練習で今日出た課題を克服したいです。明大戦は出れるか分かりませんが、精一杯頑張るので応援よろしくおねがいします」






戻る