ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。

※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「大園、木戸、斎藤、鷺野の1年生がよかった。(大学入学後)初めて1試合通して出てとても楽しんで出来ていた。しっかりしているしこれからが楽しみですね。糟谷は復帰した明大戦に比べると大分よかった。でも日本一のチームを目指すには日本一のQB目指すくらいにならないと。それは糟谷本人が一番わかっていると思います。JV戦は普段試合に出れない選手が自分をアピールする絶好の機会。メンバーには多少の失敗を恐れずどんどんアピールしていってほしいですね」

#2RB鷺野聡(商1) 「初めて本格的に試合に出場しました。最初はだめでしたが、切り替えてプレーできたのは良かったです。点差はつきましたがミスがあったので、夏からの反省材料にしていきたいです。今後もしっかりアピールして、チームに貢献していきたいと思います」

#6QB斉藤圭(経1) 「相手の穴を突くことができたので、当然の結果と言えば当然。調子はいいですね。投げようと思う所に投げれた。気負わずに試合に臨めたと思う。同じパートの糟谷さんや畑さんの先輩方の刺激になれるように、また先輩方を抜かせるように頑張りたいです」

#11QB糟谷啓二郎(人4) 「明大戦がボロボロだったので今日はラストチャンスのつもりで臨んだ。投げてはいけないところで投げずにれたし、決めなければいけないところでも決めれる数が増えた。でも走ってゲインすることが出来なかった。課題は少し克服できたが、次の試合では自分の投げるシリーズ全てでTDを取れるようにしていきたい」

#31DB西山大地(人1) 「インターセプトはたまたまだと思っています。点差は開きましたが、ディフェンスとしては1TDとられてしまったことが悔いです。秋になればこの1TDが大きいので、しっかり反省したいと思います。秋の試合にも出れるように頑張りたいと思います」

#89WR木戸 崇斗(国1) 「ロングパスなどは目立つ所で決めることができましたが、目立たないところでのミスがありました。出来としてはまだまだです」





戻る