ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。

※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「暑い中での試合でしたが、笛が鳴るまでしっかりやり切るといった基本的なところができていなかった。サイドの声も出ていなかったですね。西南大の方がいい雰囲気でまとまりがあり、見習いたいと思いました。今日も、前回に引き続き1年生が頑張ってくれました。思いっきりプレーできているのでいいと思います。次が春最後の試合で、春の取り組みを試すラストチャンス。ここで本気を出し切らないと後悔することになる。日本一のチームに近づくために、全力でぶつかりたいです」

#10WR押谷翔(人3) 「今日の出来としては60点ぐらい。まずまずでした。でもミスや反則もあったので反省しないといけない面もありますね。(個人の目標としては)スタメン争いに絡めるように頑張りたいです」

#11QB糟谷啓二郎(人4) 「結果を残そうと思って試合に臨みました。1QのTDは怪我の不安があったが取れて良かった。次の試合は春シーズンの最後なので内容、結果ともに最後にふさわしい試合にしたいです」

インターセプトリターンTD(タッチダウン)を決めた#20DB森直澄(社2)
「自分は今まで結果を残せていないので、命懸けで取りました。でもまだまだですね。1軍のDBに近づけるように努力していかないといけません」

2試合連続でインターセプトを決めた#37DB村岡俊亮(国1)
「練習であまりうまく出来ていなかったので試合で結果を残せてよかったです。でも目立たないところでタックルミスなどがあったのでそこは反省点です。早く1軍で戦力になれるように努力していきます」

#42RB林将大(法4) 「TDは取れたけれど、OLの空けてくれた道を走っただけ。ランプレーが通らないところもあったので、次は反省を生かしてもっと点を取れるようにしたいです」





戻る