ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。
※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!





Blue Starsキャプテン・DL長島義明(商4) 「1週間の練習期間でしたが、他チームの選手、外国の選手ともアメフトが好きな仲間同士打ち解けることができました。練習から今日まで、とても楽しかったです。自身のプレーとしては、タックルミスをしてしまうなど甘い部分が多かったです。対戦して外国の選手のレベルの高さを目の当たりにしました。彼らを超えられるように練習して、秋シーズンに日本一になります」

QB糟谷啓二郎(人4) 「相手のレベルは高かったけれど、ある程度はできたと思います。ロングパスは自分から投げたいと提案したので通せて良かったです。春シーズンが一段落したので、秋に向けてもう一度引き締めていきたいです」

LB川端拓郎(人3) 「心からフットボールを楽しめた時間でした。たくさん出させてもらい、元気よくプレーできました。タックルが甘かったのが反省です。この経験を生かして、秋シーズンは『自分がディフェンスを率いて立命、関大に勝つ』という気持ちで臨みます」

DB保宗大介(商3) 「1週間前からBlue Starsのメンバーで練習してきました。そのおかげで思いきったプレーができて、いい結果を残せた思います。トッププレーヤーが集まるこの場所で自分の力を出せたことはとても自信になりました。でもミスもいくつかあったので、秋に活かしていきたいです」






戻る