ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。
※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「今日の内容は最悪です。反則が多すぎる。雨というのは言い訳にならない。昨年も自らのミスで負けてしまったのだから、反省しないといけません。練習中からミスが多かったので、やはり練習が全てだなと思いました。個人としても課題が残る試合でした。もっと一対一につよくならなければいけません」

副将・#57OL谷山雅直(人4)「点数をつけれないくらい悪かった。自分たちの反則で流れを悪くしてしまい、その流れを止めることもできなかった。今日は反省のみです。次の甲南大戦でも同じようなことをしてしまったら勝てない。課題を明確にして取り組みたいです」

#3K/P大西志宜(商4) 「パントリターンで相手に何本か走られている。そこはすっきりしないところ。今日のミスを活かしてステップアップしていきたい、関学のリターンとしては何本かいいのはあったかなと思います。ああいう形でキッキングチームでオフェンスディフェンスを助けていきたい。自分個人としては相手はいないポジションだからどんどん調子を上げていきたい」

#14DB 大森優斗(社2) 「開幕戦でできていないことが多すぎて今回はビデオなどで入念に研究してきた。ファンブルリカバーTDはよかったけど、もっとディフェンスでインターセプトを狙えたと思う。初心を忘れず次に臨みたい」

#37鳥内將希(商2) 「インターセプトはたまたま自分のところに来たボールを無我夢中で取っただけです。次は自分からボールを取りにいけるようにしたい」

#80南本剛志(商3) 「今日のパスが通ったのはブロックのおかげです。雨が降るのは分かっていたので影響されずに取れました。ロングパスは成功したけれど今日の出来は25点くらい。まだまだ目指すところには遠いので、ブロックもキャッチも向上して信頼されるWRになります」





戻る