ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク



試合後のフィールドより
選手インタビュー


 試合直後のフィールドで行われるインタビューです。選手たちの試合の感想を掲載しています。戦いを終えたばかりのFIGHTERSの言葉をご覧ください。
※選手名をクリックすると、選手プロフィール(アメリカンフットボール部公式HP内)が表示されます!




主将・#7RB松岡正樹(経4) 「反則をしたあとなど、流れが悪いときにそのまま流されてしまうのは反省。流れを変えられるチームにしていきたい。(自身の2TDについて)周りがブロックしてくれたので自信を持って走れた。(大活躍を見せたRB鷺野について)持ち味のスピードを生かしていた。合格点をあげれると思う。次の試合まで2週間あるので細かいところを詰めて甲南大を圧倒したいです」

#3K/P大西志宜(商4) 「やるべきことはやれたと思う。パントブロックができたのはよかった。スペシャルチーム全体として仕上がりが上がってきていると思います。次もしっかりやるべきことをやって、1つ1つレベルアップしていくしかない。最後はフィールドポジションにつながると信じてやっていくだけ」

#WR9梅本裕之(法2) 「今日はパス攻撃メインでいくことが決まっていたので、WRで試合の流れを作るつもりで挑みました。ロングパス成功はあったけれど、ファンブルがあり、出来はむしろ悪かった。流れを悪くしてしまった。課題のボールセキュリティ、しつこいブロックを意識して甲南大戦以降に臨みたいです」

#16WR和田俊亮(商4) 「レシーバー陣の活躍について)たくさんパスキャッチできたのは良かったが、それをタッチダウンにつなげられていない。ボールを取ってから1、2ヤードでも前に進む意識を持っていないと。これからの試合も相手に合わせるのではなく、自分たちの力を出していきたい」

#18QB畑卓志郎(社3) 「第2Qから流れが悪くなった。1つの反則がビッグゲームでは命取りになることをわかっていない。ただ今日はレシーバー陣がよく頑張ってくれました。個人的にはパスを100%決める気持ちでいったので、1本の失敗は悔まれます。関大、京大、立命大と重要な試合が残っているが、最高の準備をして勝ちたい」

#29DB村上悠司(商4) 「今日は初スターターだったが、チームのことを第一に考えてプレーした。ビッグプレーもできたが、細かいミスもたくさんあったので修正していきたい。これからも日本一になるために、全力を尽くします」

#88WR木戸崇斗(国1) 「緊張はしましたが、楽しくプレーできました。目立つ所ではキャッチできたけれど、ブロックなどできなかった部分が多いです。次の試合も飛んできたボールは全て取るつもりでプレーします。ブロックもしっかりしてチームに貢献したいです」

#93佐藤純平(経4) 「久しぶりにディフェンスとして試合に出ました。出来はまだまだ。もっとできたと思います。セーフティは、みんなで止めに行って、たまたま自分のところに相手がいただけです。ディフェンス全体としてはまだ緊張してプレーしている印象なので、もっと盛り上げていきたいです」





戻る