9月1日、王子スタジアムにおいて2013 関西学生アメリカンフットボールリーグ(Div.1)が行われ、関学は大教大を77-3で下し、リーグ初戦を大勝で終えた。試合開始1分の#3RB飯田のTD(タッチダウン)を皮切りに関学オフェンスが爆発。大量得点を奪い大教大を圧倒した。ディフェンスでも3本のINT(インターセプト)を決め、大教大に攻撃を許さなかった。細かなミスや反則などの課題は残るが、初戦を大勝で終えいい滑り出しとなった。

130901af.jpg

このページの先頭へ