141214%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%88.jpg
<写真・試合後、学生日本一を決め笑顔を見せた選手たち>

 12月14日、阪神甲子園球場にて、パナソニック杯第69回毎日甲子園ボウルが行われ、55‐10で日大に圧勝。4年連続で学生日本一の座を手に入れた。
 今試合は関学RB陣が爆発。開始5分に#40RB橋本誠(商2)のTD(タッチダウン)で先制する。橋本はこの日だけで3本のTDを奪い甲子園ボウルMVPに選ばれた。また、主将#28RB鷺野(商4)も3本のTDを決める活躍を見せチームを勝利に導いた。
 次戦は1月3日、東京ドームにてプルデンシャル生命杯第68回ライスボウルが行われる。

  1Q 2Q 3Q 4Q
関学 14 17 14 10 55
日大 0 10 0 0 10

試合後のコメント
鳥内秀晃監督「理想的なゲーム展開ができた。第1シリーズでのTDや相手のミスで点を取れたことが良かったと思う。#11QB斎藤(経4)が走ることで相手のLBの的を絞らせないようにできた。その攻撃のおかげで、ディフェンスは一発さえ防げばいいように守ることができた。社会人には個人のレベルでは勝てない。それでも頑張る」
主将#28RB鷺野聡(商4)「全部がうまくでき過ぎた。実力はそんなに変わらない。チームとしてうまく機能した。相手の複雑なディフェンスに最初は戸惑ったが、すぐにアジャストできた。ただ、ここがゴールではない。次勝って日本一になりたい」

141214af.jpg

このページの先頭へ