20151010%E3%80%90%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E3%80%91.jpg
<写真・今試合2TDを決めた野々垣>

 10月10日、兵庫県王子スタジアムにて、関西学生アメリカンフットボールリーグ(Div.1)第4節(対神大)が行われた。試合開始早々に#33RB野々垣(社3)が14ヤードのランでTDを決めるとその後は各Q(クオーター)でTDを決め、順調に得点を重ねていく。最終Qには交代メンバーとなったこともあり、1TDを献上するも53ー7の快勝で神大を圧倒した。関学はこれでリーグ戦4連勝となった。

試合後のコメント
主将#55OL橋本亮(法4)「試合を通して、波がありすぎる。1プレーに対する集中力や精度がまだまだ足りない。(けが人が増えていることに対して)正直厳しい。それでもピンチじゃなくて、層を厚くするチャンスと捉えるようにしている。改めて全員がやるという自覚、自負を持つ必要がある。課題は山積み。常に究極のシチュエーションをイメージして、練習していく」

このページの先頭へ