20160501%E3%80%90%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E3%80%91.JPG
<写真・今季初スターターとして出場したQB百田>
 5月1日、兵庫県王子スタジアムにてフラワーボウルが行われ、日大と対戦し23ー10で勝利した。 第1Q(クオーター)はディフェンスのプレーが光り、相手にほとんどヤードを稼がせなかったが、オフェンスは、ラインナップのミスが目立ち、FG(フィールドゴール)2本にとどまった。 第2Q以降はQB百田(社3)から送られるパスをWR陣が収め、追加点を演出。試合を決定付け、昨年0勝の日大に勝利した。 次戦は5月15日、関西学院第3フィールドにて近大と対戦する。

試合後のコメント
鳥内秀晃監督「QB百田は肩が強いし、QBでもいける。練習が積めていないのに、早急に準備してあれだけできたから。チームとしては日大に負けてはないが、圧倒できていない。FGが多く、TDを取れていないことがだめ。フィジカル面では重視してきた成果が出た」
主将#47LB山岸明生(商4)「前半は、ディフェンスとキッキングで良いプレーが続いた。だが、止めたいところでずるずると前に進まれるシーンも目立った。オフェンスは、ターンオーバー後なのにTDできないというところに課題が残る。きょうは勝ったが、日大はシンプルなプレーしかしていない。勝利を鵜呑みにするのではなく、次を見るべき」

このページの先頭へ