S__6373404.jpg
<写真・挨拶を行う山岸前主将(商4)>

 2月11日、大阪府ホテル阪急インターナショナルにて、甲子園ボウル優勝記念祝賀会が行われた。選手、来賓、保護者合わせて400人を超える大人数で行われた祝賀会。各パートごとに4年生の挨拶があり、新幹部も発表された。2017年度は#70OL井若大知主将(神3)、#44松本和樹副将(社3)#58DL藤木秀介副将(社3)、#93三木大己主務(経3)を中心として日本一を目指す。

新主将挨拶
井若大知主将「2年ぶりに学生日本一となりましたが、社会人を倒して真の日本一という目標はかないませんでした。17年度は戦力ダウンが見込まれますが、真の日本一になるべく日々邁進していきます」
新幹部のコメント
松本和樹副将「自分は他の幹部と比べて下手くそだが、チームを変えたいと思い、立候補した。プレーではがむしゃらに、私生活では当たり前のことを当たり前にできる副将になりたい。副将という立場にとらわれず1年間取り組んでいく」
藤木秀介副将「昨季は甲子園出場までは進めたが、1月3日、富士通に圧倒された。その悔しさから幹部に立候補した。前チームから戦力が抜ける中、全員が主体性を持ってチームをつくる意識を持たなければならない。副将としてプレーでも、日頃の人間性でも全部員をうまく同じ方向に向かせ、日本一を取りたい」
三木大己主務「幹部に立候補し、最終的に主務という位置に就くことが決まった。今年度はメンバーが多く抜けるため、総合力で勝負しなければならない。1人の人間としてという部分について主務として特に訴えていきたい。選手兼任であるため、不安はある。だが、部員の模範となれるように行動していきたい」

このページの先頭へ