20171204%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
〈写真・健闘を誓い甲子園球場で握手を交わす日大山崎主将(左)と井若主将〉

 12月4日、兵庫県阪神甲子園球場にて、全日本大学アメリカンフットボール選手権・決勝の報道説明会が行われた。両校主将、監督による会見とフォトセッションを行った。関学と日大との対戦は、29回目で過去の対戦成績は関学から10勝16敗2分。両校の甲子園ボウル出場は、東日本、西日本の最多出場を誇り、3年ぶりの赤青対決となる。西日本代表校となった関学(関西2位)は、東日本代表校の日大(関東1位)と、13時5分より兵庫県阪神甲子園球場にて対戦する。
 なお、報道説明会終了後に関西学生アメリカンフットボール連盟からBEST11/BEST SPECIAL TEAMが発表された。関学からは、#70OL井若(神4)、#85WR松井(経3)、#34RB山口(商3)、#98DL柴田(経4)、#44LB松本(社4)、#3DB小椋(人4)の6名が選出された。

会見でのコメント
鳥内秀晃監督「立命大に対するリーグ最終節での負けはきのうでなんとか借りを返せた。学生が一生懸命、4年生が崖っぷちからはい上がった。まだまだ弱いが、2週間かけて日大と対戦できるように準備したい」
#70OL井若大知主将(神4)「自分たちは挑戦者としてスタートした。立命大にも1度負けているし、弱さは痛感している。一つ一つ練習から積み重ねて日大と戦いたい」

このページの先頭へ