4月8日、甲南大学レンジに於いて第52回関西学生アーチェリーリーグ戦第2戦(対京産大)が行われた。50㍍競技、2143-2244とリードを譲った関学。全員が声出しでチームを盛り立てるが思うように点数が伸びなかった。30㍍競技を2598-2627で終え、グランドトータル4741-4871で京産大に敗北した。

試合後のコメント
主将・若林大輔(総4)「京産大は強い相手なので、この試合を目標にこれまでやってきた。だからみんな気合いが入ってて良かったけど、アウェーでの試合に慣れてなかったということもあって思うような点数を出せなかった。次は記録試合なので、ここでアウェーでの試合でも射てるようにしていきたい」

このページの先頭へ