4月21日、追手門学院大学レンジにおいて第53回関西学生アーチェリーリーグ戦第3戦(対兵庫県立大)が行われ、関学は4902-4483で勝利した。50㍍競技で2303-2040と大きくリードした関学。続く30㍍競技では途中、雨と風による悪天候ではあったものの声出しでチームを盛り上げ得点を重ねた。記録、チームの雰囲気ともに好調で試合を終え、関学はリーグ戦3連勝となった。

試合後のコメント
主将・濱田祐輔(商4)「チーム全体が盛り下がることなく、いい雰囲気で戦えた。目標としていた4800点を大きく超える結果となったので、今日の試合は非常によかったと思う」

このページの先頭へ