5月5日、大阪府立大学レンジにて第53回関西学生アーチェリーリーグ戦第5戦(最終戦)が行われ、関学は桃学大をグランドトータル4877ー4853で下した。この日は桃学大が最終的に今リーグ戦での同校ベストをマークする好調ぶり。関学は苦しい戦いを強いられたが、チーム一丸でなんとか勝利をもぎ取った。関学はリーグ戦5戦全勝。2部Bブロック1位となり、入替戦への出場を決めた。入替戦は5月12日、9時30分より同志社大学レンジにて立命大、摂南大、京府大との4校対抗戦で行われる。

試合後のコメント
副将・中川裕太(理4)「チーム一丸となれたからこそリーグ戦を戦い抜けた。今年は技術、メンタル共にいいチーム。(入替戦は)格上の相手と戦うが、気負いしないようにしたい。自分の世界に入らず、チームとして戦う」


130505archery.jpg

このページの先頭へ