20140413archery-w.JPG
<写真・チームトップの点数を記録した赤塚(教3)>

 4月13日、甲南大学レンジにて第49回関西学生アーチェリーリーグ戦第2戦対近大が行われ、関学はグランドトータル(G.T.)2920ー3272で敗れた。圧倒的な強さを誇る近大を相手に、50㍍競技を1326ー1562で終え、続く30㍍競技でも1594ー1710とビハインドを縮められなかった。第3戦(対関大)は4月20日、9時30分より大阪市立大学レンジにて行われる。

試合後のコメント
リーダー兼技術桑原彰子(法4)「G.T.3000点を目指していたので物足りない。一人一人の小さなミスで思うように点数が伸びなかった。しかし、そのミスを引きずらず、試合中に改善できたことはよかった。応援のフォローもあってチーム一体となって戦えた。次こそG.T.3000点を超えて勝ちたい」

140413archery-w.jpg

このページの先頭へ