20140427archery-w.jpg
<写真・チーム2位の得点を記録した岩上(教1)>

 4月27日、神戸大学レンジにて第49回関西学生アーチェリーリーグ戦第4戦対龍大が行われ、関学はG.T.(グランドトータル)2981ー2856で勝利した。入替戦回避のため、負けられない試合に臨んだ関学は、50㍍競技を1381ー1272、30㍍競技を1600ー1584と両競技でシーズンベストを記録し、初勝利を挙げた。第5戦(対京大)は5月4日、9時30分より関西大学レンジにて行われる。

試合後のコメント
リーダー兼技術桑原彰子(法4)「前の試合では点が高かったので自信があった。得意の50㍍競技で差をつけることができて、30㍍競技では余裕を持つことができたが、ミスがもったいなかった。目標のG.T.3000に届くには30㍍競技の点数が鍵になってくる。次戦は(勝てば)最後の試合になるので、悔いが残らないよう、最高の状態で終わりたい」

140427archery-w.jpg

このページの先頭へ