20140511archery.jpg
<写真・今季最高のG.T.で1部残留を決めた洋弓部男子>

 5月11日、同志社大学レンジにて第54回関西学生アーチェリーリーグ入替戦が行われ、関学、龍大、追大、立命大の4校が出場した。4チーム中2位以上になることが残留の条件となる今試合。関学は50㍍競技を2302点の2位で終え、続く30㍍競技では2621点を記録し逆転。今季最高のG.T.(グランドトータル)4923点を記録し、4チーム中首位で1部残留を決めた。この試合で4年生は引退を迎えた。

試合後のコメント
主将石丸進平(国4)「リーグ戦第4戦と第5戦で良い点数が出ていたので、自信を持って臨むことができた。自分自身はプレッシャーを感じていたが、チームメイトはいつも通りリラックスできていた。今季最高得点を記録したのはうれしいが、リーグ戦序盤からそれができなかったことに悔いが残る。(後輩たちへ)今年の幹部のまねをする必要はないので、自分たちの色を出してがんばってほしい」

140511archery-m.jpg

このページの先頭へ