%E6%B4%8B%E5%BC%93%E8%BF%91%E5%A4%A7%E6%88%A6%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・今試合コーチを務めた落合と拳を合わせ喜び合う山口(理4)>

 4月5日、大阪経済大学レンジにて、第55回関西学生アーチェリーリーグ戦、第1戦が行われ、関学はG.T.(グランドトータル)4643ー5246で近大に敗れた。
 悪天候の影響を受け、ミスが目立った関学。エース牧本(総3)が普段通りの実力を発揮し点数を重ねるも、他のメンバーの不調をカバーしきれず、近大に603点差をつけられ敗北した。
 次戦は4月12日、追手門学院大学レンジにて京大との第2戦が行われる。

試合後のコメント
主将落合完治(法4)「相手が強いことは明白だったので点差は気にしていなかった。目標をG.T.4900点に設定していたが悪天候もありミスが多く達成できなかった。次の京大戦はG.T.4900点を出して絶対に 勝つ」

このページの先頭へ