20160818%E6%B4%8B%E5%BC%93%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・高得点を出し笑顔を見せる牧本>

 8月18日、大阪府服部緑地陸上競技場特設レンジにて第56回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会予選3日目が行われ、関学からは牧本(総4)、稲垣(文1)が出場した。8月の炎天下、引退した牧本が最上級生の意地を見せ、663点をたたき出した。
 本日をもって予選の全日程は終了し、本日中に決勝進出者が発表される。

主な結果は以下の通り。
牧本 G.T.(グランドトータル)663点
稲垣 G.T. 495点

試合後のコメント
高得点をたたき出した牧本和弥「引退して2カ月が経って練習量、試合数も減る中で予想以上に点数を出せた。決勝でさらに上位を狙い、後輩たちに示したい」
1年生で出場した稲垣洋介「出だしから緊張し、自分の実力を発揮できなかった。練習ではいい点を取れるが試合ではできなかった。練習での射形を試合でしっかり思い出し、射っていくことが重要だと感じた」

このページの先頭へ