20160910%E6%B4%8B%E5%BC%93%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・女子から唯一全日本学生に出場した末迫>

  9月10日、埼玉県・はらっパーク宮代にて第55回全日本学生アーチェリー個人選手権大会が行われた。関学からは2名が出場し、牧本和弥(総4)がG.T.(グランドトータル)600点で73位。末迫春乃がG.T.555点で52位。どちらも予選敗退となった。

試合後のコメント
牧本和弥「きょうは苦しい試合だった。序盤から緊張してしまい感覚が戻らなかった。細かい動きや繊細さが欠けていたのかもしれない。次の全日本選手権で本当に最後なので、納得いく点数で終われるように頑張りたい」
末迫春乃「大きな舞台だったけど緊張せず、楽しめた。風の影響はあったが、それ以外はいつも通りにできたと思う。目標は600点だったが、終盤で体力のなさを痛感した。これからは得点源となってチームに貢献していきたい」

このページの先頭へ