20180401%E6%B4%8B%E5%BC%93%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・30金を記録し、笑顔を見せる末迫>
 
 4月1日、大阪経済大学レンジにて第53回関西学生アーチェリーリーグ戦第1戦が行われ、関学はG.T.(グランドトータル)2973ー2930で梅花大に勝利した。
 50㍍競技では、序盤緊張もあり点数が伸び悩むも、応援の勢いに乗り試合を徐々に関学のペースに。19点差で試合を折り返した。30㍍競技では、末迫(人4)、北川(社3)が30金を記録するなど、リズムを崩すことなくリードを守り、43点差でリーグ開幕戦を白星で飾った。
 次戦は4月8日 、神戸大学レンジにて甲南大との第2戦が行われる。
試合後のコメント
末迫春乃女子リーダー「関学らしい試合ができた。調子がいい者が目立っていたわけではないが、お互いに盛り上げて粘り勝ちできた。自分が余裕ある試合展開をできなかったけど、チームは120%の応援ができていた。次戦の甲南は実力のあるチームなので、気を抜かずに勝ちにいきたい」

このページの先頭へ