hp-kg

ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク

【硬式野球部】 ベストナインに選出!!

ベストナイン選出

 9月6日~10月30日にかけて行われた平成20年度関西学生野球六大学秋季リーグ戦(於・阪神甲子園球場他)。このリーグ戦を通して表彰されるベストナインに有木孝広(商3)が選ばれた。彼にとっては初のベストナイン受賞となった。

有木1 ―ベストナインに選ばれたことについて、率直な感想を聞かせて下さい。

なかなか実感が湧きませんでした。チームが5位という成績が悔しいので、ベストナインはおまけのような気分です。


―秋リーグを通して、打撃の調子はどうでしたか?

初戦の近大戦は調子が悪かった。でも、関大戦から調子が上がり始めました。チームのためにがむしゃらに頑張ったことが、自分の結果につながったのだと思います。


―今シーズンは主に4番、5番を任されていましたが、重圧などはありましたか?

近大戦はあったが、4年生の先輩に「お前は思いきりやればいいから」と言われ、開き直ることができた。その後は打順を気にせず、勝つためにやるだけでした。


―昨年は同級生とのレギュラー争いがありましたが、今年は有木さんがスタメンで活躍されました。昨年との心境の違いはありますか?

同級生と勝負できたことで、妥協することなく練習し続けることができました。今後も誰にも負けないつもりで、自分にも負けることなく続けていきたい。


―今シーズン、チーム成績はあまり良くなかったですが、やはり悔しさは残りますか?

悔しさが一番にあります。応援してくれた方々に申し訳ない気持ちです。


―印象に残った試合はどの試合ですか?

近大戦が一番印象的です。近大にはここ数年勝てていなくて、他校よりも意識しています。絶対に勝ちたいという気持ちも強いです。有木2


―今季はタイムリーヒットが多かったように思いますが、チャンスの場面では気持ちの変化はありますか?

1、2年生の頃は(チャンスで回ってきた時は)緊張していました。3年生になり、チャンスの時ほど気持ちが全面に出るようになりました。


―主将として、これからどのようなチームづくりをしていこうと思いますか?

主将になったとはいえ、自分ひとりのチームではない。部員全員で一つのチームなので、全員の人生を1年間預かっている気持ちで引っ張っていきたいと思います。


―チームとしての目標を教えてください。

チームも自分も、もう1ランク上を目指さないといけないと思っています。そのためにチームとしては関西制覇を達成すること。あとチームスローガンとして「昨日の自分に勝て」を掲げました。関西制覇ということだけでは漠然としがちなので、一球に対する気持ち、挨拶など日々のことから成長していこうという意味でこのスローガンにしました。


―個人としての目標は?

野球だけではなく、毎日の生活から前に立ち、お手本になることです。


プロフィル
有木孝広(ありきたかひろ)広陵高校出身 左投・左打 180㌢75㌔ 1987年7月22日生 A型