6月15日、関西大学にて第37回総合関関戦が行われ、女子は2-3で関大に敗れた。一方、男子は勝利を収めたため、バドミントン部としては関関戦を引き分けで終えた。試合は2-2でシングルス3を迎え、岡崎(教4)が4年生の意地を見せたが、怪我のため棄権。関大を倒すことはできなかった。

本日の成績
シングルス1 谷口(人2)1-2
シングルス2 赤澤(教1)2ー0
ダブルス1 岡崎(教4)・牧之瀬(文4)2-1
ダブルス2 高橋(人2)・赤澤0ー2
シングルス3 岡崎棄権


試合後のコメント
女子リーダー越智詩織(人4)「普段試合に出ていない人が出ても勝つことができていた。部員みんなが、実力があると実感した。関関戦は負けてしまったが、火曜日には関西選手権があるので切り替えていきたい」

37kkgamebadminton-w.jpg

このページの先頭へ