150503%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・シングルス1に出場した遠藤> 

 5月3日、龍谷大学深草キャンパスにて平成27年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会3日目(対武庫女大)が行われた。終始、関学ペースで武庫女大を圧倒。5ー0と快勝した。

本日の結果は以下の通り
シングルス1 遠藤(文4) ☆2ー0
シングルス2 重信(人1) ☆2ー0
ダブルス1 小池(理3)・宇都宮(社2) ☆2ー0
ダブルス2 樋口(人4)・中村(教3) ☆2ー0
シングルス3 小池 ☆2ー0

試合後のコメント
女子リーダー樋口亜依美「相手は自分たちよりレベルが下で、5ー0で勝つのが当たり前だった。その中で、実際に一つも落とすことなくやれてよかった。冬の練習でシングルスを強化してきたことで、今年は総合力で勝てるのが強み。残り2戦、試合に来れない人もいるが、そこをみんなでカバーしつつ、この流れでしっかりやっていきたい」
シングルス1に出場し、チームに勢いをもたらした遠藤麻奈美「初めてシングルス1での出場を任せてもらった。プレッシャーもあったけれど、みんなが勝たせてあげようという雰囲気を出してくれるし、信じてくれるから負けちゃだめだと思った。勝って、先頭でいい流れを作ることができたのでよかった」

このページの先頭へ