150508%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・敗戦の中で、唯一の白星を挙げた高島(右)・池田組>

 5月8日、大阪市中央体育館にて平成27年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会最終日(対近大)が行われた。関学は1ー3で近大に敗れ、今季最終戦を白星で飾ることはできなかった。これで通算成績は2勝3敗となり、関学は4位に。悔しさを胸に、秋季リーグ戦での優勝を目指す。

本日の結果は以下の通り
シングルス1 吾野(商2) ★1ー2
シングルス2 山下(人1) ★1ー2
ダブルス1 高島(経4)・池田(法2) ☆2ー1
ダブルス2 西川(人3)・麻井(法3) ★1ー2

試合後のコメント
主将川野光志(経4)「今日は正直勝てる試合だった。やり切った感じはあまりしない。今は優勝を目指してきて目標が達成できなかったという思いと、内容を見れば秋は優勝できるのではという思いもある。そのためには、今日のような気持ちの抜けた試合をなくし、勝負どころで勝てるように練習をしないといけない。この春で自信になる部分も、よくない部分もわかった。各々が考えないといけない部分を見つけることができ、これからに向けていい収穫となった。今年2部から昇格してきて、この春で戦える確信を得ることができた。秋は全勝優勝を目指す」

このページの先頭へ