150901%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・準々決勝敗退が決まり、うつむく小池(理3)>

 9月1日、福岡県北九州メディアドームにて第55回西日本学生バドミントン選手権大会(団体戦)2日目が行われた。関学は2回戦から登場。鳥取大、熊本学園大をストレートで破り、準々決勝で京産大と対戦。粘りを見せたが2ー3で敗れ、西日本ベスト8となった。

試合後のコメント
女子リーダー樋口亜依美(人4)「春季リーグ戦でも負けた京産大に、また同じスコアで敗れた。今大会で今のメンバーの限界を感じた。他人任せの気持ちで試合をしていれば、インカレでは勝ちぬけない。まだ本当に強いチームではないということだと思う。リーグ戦が近いが、今回ベスト4に残った同じリーグの大学に勝って優勝したい」

このページの先頭へ