150902%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・ダブルス2で勝利を収めた西川(右)・山下組>

 9月2日、福岡県北九州メディアドームにて第55回西日本学生バドミントン選手権大会(団体戦)3日目が行われた。関学は準決勝で金沢学院大と対戦。昨年の覇者に吾野(商2)と西川(人3)・山下組(人1)が白星を挙げるなど接戦を繰り広げたが、最後は主将川野(経4)が敗れ、惜しくも準決勝敗退。それでも西日本ベスト4となり、秋へ弾みのつく結果となった。

本日の結果は以下の通り
シングルス1 山元(文3) ★0ー2
シングルス2 吾野 ☆2ー1
ダブルス1 高島(経4)・池田(法2) ★1ー2
ダブルス2 西川・山下 ☆2ー0
シングルス3 川野  ★0ー2

試合後のコメント
主将川野光志「昨年のチャンピオンが相手で、それぞれ実力のある相手との対戦となったが、今までやってきたことを出そうと考えていた。2年前も対戦し、その時は0ー3で手も足も出なかったが、2組が白星を挙げ、負けても競ることができた。今大会でダブルス2が成長したことが春よりもチームとして成長できたと思う。ここまでこれたので、あと一歩で敗れてしまったのは悔しい。あとはそれぞれの実力の問題。春のリーグ戦、西カレと前進してきているので、秋は優勝できるようにしたい」
ダブルス2で勝利を挙げた西川徹・山下大輔組「自分たちは勝たないといけないオーダーだったので、どういう風な形でも勝たないといけないと思っていた。組んでまだ3週間ほどだがこんなにうまくいくとは思っていなかった。点差をつけられても集中することができたのがよかった。1本取りたい時にラリーをして奪えたことに成長を感じた」

このページの先頭へ