20150911%25E3%2583%2590%25E3%2583%2589%25E3%2583%259F%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E3%2583%25B3%25E9%2583%25A8%25E7%2594%25B7%25E5%25AD%2590%25E3%2580%2580%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・ダブルス2で一時は同点となる勝ち星を挙げた麻井・池田組>

 9月11日、大阪市中央体育館にて、平成27年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会1日目(対龍大)が行われた。お互いに万全のメンバーではない中、春の王者龍大との対戦となったが、2ー3で惜しくも敗戦。リーグ戦は黒星スタートとなった。

本日の結果は以下の通り
S1 北里(総1)★0ー2
S2 山元(文3)★0ー2
D1吾野(商2)・山下(人1)☆2ー1
D2 麻井(法3)・池田(法2)☆2ー0
S3 川野(経4)★0ー2

試合後のコメント
主将川野光志「相手もフルメンバーではない状況だったが、西日本大会から日が空いていなかったことからも、リーグ戦に気持ちが向いていなかったんじゃないかと思う。今日はシングルスを3つ落としてしまったので、そこが取れれば変わってくると思う。明日は受け身にならず攻めていきたい」
ダブルス2に出場し、即席ペアながらも勝利を挙げた麻井恒宏・池田朋也組「普段は組まないが、やるしかない、勝ちたいという気持ちだった。前でプレッシャーをかけて、攻めの形に持ち込めたのがよかったと思う。今日は正直龍大に勝てた。明日からはチームが勝てるよう応援も頑張っていきたい。目標は優勝」

このページの先頭へ