20151012%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・涙を流し、ダブルスの引退を迎えた4年生>

 10月12日、大阪府立体育会館にて秩父宮・秩父宮妃杯争奪第66回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦・ダブルス1日目)が行われた。関学からは7組が出場したが、惜しくも2日後に行われる4回戦には進出できず。しかし、今試合が最後のダブルスとなった4年生は、はつらつとしたプレーでコートを去った。あすは同会場にて、シングルスが行われる。

【試合結果】
1回戦敗退
三枝(国2)・松本(人2)組 
松瀬(文4)・谷口(人3)組 

2回戦敗退
岩崎(教1)・重信(人1)組 

3回戦敗退
岩本(社3)・成田(総4)組
遠藤(文4)・大澤(教4)組
中村(教3)・宇都宮(社2)組 
樋口(人4)・小池(理3)組 

試合後のコメント
女子リーダー樋口亜依美「4年生は最後の試合になった。いつもよりも良いプレーで、みんないきいきしていたと思う。思いきってやってる姿が見られてよかった」

このページの先頭へ