20131013%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・1年生ながら大舞台を経験した北里>

 10月13日、大阪府立体育会館にて秩父宮・秩父宮妃杯争奪第66回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦・シングルス1日目)が行われた。関学からは5名が出場したが、初戦を突破することはできなかった。なお、この試合で4年生は引退となった。あすは吾野(商2)・山下組(人1)組が4回戦に挑む。

【試合結果】
1回戦敗退
浅原(文2)
山元(文3)
川野(経4)

2回戦敗退
吾野 
北里(総1)

試合後のコメント
主将川野光志「いい試合もあったので、来年がある選手は次につなげてほしい。こういう舞台でイメージをつけて、練習に生かしてほしいと思う」
1年生ながら大舞台を経験した北里元輝「今日の相手は早大の選手で、強いことは分かっていたので向かっていこうと思っていた。関東は勝負所で強い。来年は西日本、関西で上位を目指し、関東に勝てるようにしたい」

このページの先頭へ