20151119%25E3%2583%258F%25E3%2582%2599%25E3%2583%2588%25E3%2582%2599%25E3%2583%259F%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E3%2583%25B3%25E9%2583%25A8%25E5%25A5%25B3%25E5%25AD%2590%25E3%2580%2580%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・単複ともに4強入りを果たした重信>

 11月19日、大阪市立千島体育館にて第65回関西学生バドミントン新人戦大会(4日目)が行われた。この日は4回戦から行われ、単複ともに重信が準決勝進出を果たすなど、関学からは2組が準決勝進出を決めた。準決勝、決勝は23日(月)に同会場にて行われる。

準決勝進出
シングルス
重信(人1)
ダブルス
岩崎(教1)・重信組

準々決勝敗退
シングルス
蘭(社1)
ダブルス
宇都宮(社2)・松本(人2)組

試合後のコメント
準決勝進出を決めた岩崎遥香・重信萌夏組「自分たちは気持ちが弱いところがあるが、お互い声をかけあって戦えたと思う。次は西カレで負けた相手。格上の相手だが、引かずに自分たちのプレーをして、優勝を狙いたい」
シングルスでも4強入りを決めた重信萌夏「2戦とも年上相手だったが、試合をしながら自分の悪いところを修正できた。ダブルスを中心にやってきたが、シングルスもできるいい機会なので、結果がついてきてよかった」

このページの先頭へ